※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

人の気配の全く無い倉庫街に”それ”はいた。
開いているシャッターからうかがい知れるその姿は、何度見ても背筋に冷たい物が流れる異様な迫力に満ちている。
絶対的な存在感―――島のかつての親友の命だけではなく、数多の人間の命を啜ってきた呪われたその存在。
ミッドナイトブルーに彩られた悪魔・・S30Zは傾きかけた陽の光を浴びて鈍く輝いている。

ゴトゴト・・

長く伸びたS30のボンネットルーフの中から音が響く。
島は僅かに足が震えているのを感じた。

「なァーに固まってるワケ?そんなトコで」

背後から声をかけられ島は振り向く。

―――朝倉・・―――

一瞬出かかった声をなんとか島は飲み込んだ。
まだ幼さの残る少年の姿がそこにあった。しかしその周りには威圧するでもない、独特の雰囲気があり、彼が普通の少年ではない事を物語っている。

「無用心だネ・・開けっ放しで外出の癖は控えた方がイイと思うヨ」
「5分くらいの買出しくらい大丈夫だって あ何か飲む?水とおにぎりは俺の昼飯だから駄目だけど」
「・・じゃあコーヒーを」
「飲むんだ(笑)」

少年はコンビニの袋から缶コーヒーを取り出すと島に手渡すと、ジャッキアップされてタイヤの外されたZの脇にしゃがむ。

「エア抜き・・かい?」
「そそ コーヒー飲んだついでにブレーキ踏んでヨ(笑)」

ググゥ・・カチャ、キュゥ・・

ペダルを踏む音、ボルトを締め、緩める音が倉庫を支配する。

「そー言えば珍しいよネ ソッチから俺に会いに来るなんて・・ポルシェのフレームにクラックが入ったとか?(笑)」
「いや・・そうじゃない 実は君に会って欲しい人がいてね・・今夜辺り首都高に上がれないか?」