※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

―――綺麗に乗れる・・―――

先を行くZ、そしてGTRと一本の線で繋がるように涼介はポルシェを走らせる。
戦闘モードではないクルージング(巡航)、ここまで息の合う走りを出来るのは涼介の経験上、啓介以外では有り得なかった。
心地よい走りの中の僅かに残る冴えた部分を働かせれば、Zの動きにも多少の欠点はある。
前後の大きなピッチングや収まりの悪いロール・・足をいくら変えても70年代の古い基本設計は誤魔化せない。
だが・・そんなコトは全てが霞んで消えていく。
隠せない珠玉のL28改 その存在感―――

導かれる形で江戸橋JCTから9号、そして湾岸へ。
Zはあの日と同じように、闇の彼方へ走り去って行くのだった。

気がつくと時計の針は3時近くになっていた。
ゴールデンタイムと呼ばれる時間帯だが僅かに空が明るい。

「今日はここまでですね」

涼介は谷町JCTにポルシェを入れ、S大学病院に向かわせる。

「どうかな・・何かわかったかい?」
「ええ・・Zのコトは勿論 走るコトの考え方と言うか 先生今日はありがとうございました」

夜明け前のS大学病院。
遠くから聞こえる鳥の鳴き声が朝を告げようとしている。
島の手配で停めておいたFCのEgに涼介は火を入れる。

数日後、群馬県赤城山。
プロジェクトDの遠征にかかりきりと言っても、赤城レッドサンズは健在である。
が・・高橋兄弟の不在、そして涼介が湾岸線で負けたという噂から、絶対的な柱を失ったA山の均衡は乱れようとしていた。

パァン!

深夜のA山に何かが弾けるような音が木霊する。
音の主は激しいスキール音を立てながらA山の南面を矢のような勢いで登っていく。

「げぇ・・・!見たかよ 今のクルマ」
「間違いねえ!あの黒いエボⅢは!」
「エンペラーの須藤京一だぁ!」