※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「意外と早かったなァ 京一」

長髪を後ろで束ねた、がっしりとした体つきの男が須藤に話しかける。
彼の傍らにはボンネットに大きくmonsterと赤く書かれた白いエボⅣが停まっている。
須藤が率いるランエボのみで構成されているチームEmperorのサブリーダーである、岩城清二だ。
尤も、サブリーダーと言っても、その速さは愛車に拠る部分が大きく、運転技術が優れているというワケではない。
皮肉にもEmperorも須藤がレッドサンズに言ったような”一枚岩”のチームである。

「深夜に近い時間帯だからこんなモンだろう」
「で どうだったんだ?赤城は」
「話にならんな・・俺の新しくチューンされたエボの相手にもならん」
「へへっ なんたって高い金かけて駆動系を弄くったんだもんな」
「ああ デフギアの駆動配分比率を前4の後ろ6にしたのは正解だった・・流石はRGOだ」
「まさか京一が東京のショップまでエボⅢを持ち込むとは思ってもいなかったぜ」
「去年のバトル以来 俺の中でエボに対する手詰まり感もあったからな・・・・だが素直な操縦―――」

清二との話の腰を折る形で須藤の携帯が鳴る。

「俺だ・・どうした?」
「京一さん!今しがた白いFCがそっちに登って行ったんですがもしかして」
「思ったとおりだ・・涼介に間違いない 連絡ご苦労」

須藤が携帯を胸ポケットに収めてからしばらく後、彼方からREサウンドが響いてくる。

「来たな涼介・・始めようぜ 本当のバトルってやつをな」

須藤は音が近づいてくる方向をじっと見つめていた。

ヴァァゥ!パラパラパラ…

RE独特のアイドリング音が響き渡る。

―――このFCは涼介のFCじゃあない・・だとしたら一体誰の?―――

鋭い目つきでFCを舐める様に見る須藤、やがてFCの運転席から涼介の姿が現れる。

「赤城では随分と仲間が世話になったようだな」
「早速リベンジと言うワケか・・そうでなくては俺も走り甲斐が無いという物だ しかし人の噂はあてにならんモノだな」
「何?」
「湾岸線で負けてから高橋涼介はすっかり腐ってる・・プロジェクトDの遠征も中止状態と聞いたが腐ってるヤツが今のお前のような目つきであるものか」
「・・・・」
「そのFCはお前の物ではないコトは俺にもわかる・・お前程の人間がわざわざクルマを乗り換えるんだ 余程の相手なんだろう ・・だがな お前は・・いやチームはそれでいいのか?」
「何が言いたい?」

一触即発、正にその言葉が似合う空気に辺りは包まれる。

「ふっ・・コレ以上は話合っても時間の無駄だ 乗れよ涼介 答えはバトルの中で見つけるとしようぜ」