※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

客の姿がまばらな深夜のファミレス、通常の座席とは少しだけ隔離された場所にある座席に紫がかった煙が立ち込める。
座席には喫煙席のマーク、テーブルの上には走り屋系のクルマ雑誌が置いてある事から席の主達は走り屋と窺い知れる。

「なぁ・・ここんとこよく出る白いFCって知ってるか?」
「見たことないけど噂では聞いたコトあるぜ・・なんでもプロジェクトDのFCらしいぞ」
「プロジェクトDって”あの”プロジェクトDか?あいつ等峠専門なんじゃねーのかよ?」
「そこなんだよな・・でも見たってヤツの話だと群馬ナンバーでレッドサンズってステッカーが貼ってあったって言うぜ?」
「レッドサンズ?」
「プロジェクトDが出来る前に群馬最強と言われたチームらしい・・で 白いFCはそのチームのリーダーのクルマだって話だ」
「で・・・・速いの?」
「実測は大台(300キロ)行くか行かないかみたいだけど兎に角250前後がバカっ速でバトル向きだってサ・・実際湾岸でも大台に乗せるのは条件が良くないと難しいから」
「ふーん・・ところでさ―――」

煙草の灰を灰皿に落とし、彼等は別の話題に興じるのだった。

一方、人の噂は千里を駆けるとはよくぞ言ったもので、連日首都高に現れるという涼介の噂は群馬県でも実しやかに囁かれていた。
それは当然FDを失っている啓介の耳にも届いてくる、そう、あの時の須藤とのいろは坂でのバトルの時のように。
夜もふけ始めた頃にガレージの電気シャッターが開けられる音を啓介は聞いた。
続いて、FCのEg音が響いてくる。少し考え、啓介はガレージに向かう。

「兄貴―――」
「なんだ?啓介」
「いやその・・」
「どうした?ボーっと突っ立って・・久しぶりに俺の隣に乗ってみるか?」
「あ ああ」

二人を乗せたFCは前橋インターから関越道へ入る。

数時間後、羽田近辺。
いつの日か涼介と島が落ち合ったあの喫茶店に再び島の姿があった。
コーヒーと軽食を取りつつ、時計に目をやると日付が変わる頃だった。

「こんな時間にウチにいらっしゃるところを見ると・・今日はこれから走りに?」

カウンター越しに喫茶店の主が島に話しかける。
少し太った体系と白髪、トレードマークの眼鏡の下に見える瞳は年相応の経験を感じさせる。

「ええ・・これから少し なんだか今日は仲間にも会えそうですし」
「お仲間ですか・・いいですね ここで待ち合わせですか?」
「いえ そういったコトはしていません・・医師という職業柄こーいう言い方は好きじゃないんですが会えそうな気がすると本当に会えるんですヨ」
「人間はそういう不思議な所があるのは事実ですよ・・それはつまりそのお仲間がそれだけ強いというコトなんでしょうね」
「強い・・とは?」
「それだけお互いがとある部分で強く似て・・また惹かれあっているというコトですよ ま年寄りの言ったコトですからお気になさらずに」
「何となくですが・・・・わかる気はしますネ ご馳走様でしたマスター」

座席を立ち、会計を済ませ店を後にする島。
それと同時刻の横浜では、コインパーキングに停められたS30Zに寄り添うアキオの姿があった。

「ん―――・・・・今日は上がってみようかナ」

ク、クン…キュキュ ガ オ ッ ! ガォ! ガオァ!
深夜の繁華街に目覚めたL28改の音が響き渡った。