※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

終電を逃した勤め人を乗せるタクシーの姿も大分減り、時折オールクリアの状態を見せるC1にFCの姿があった。
路面の継ぎはぎが車体を細かく上下に揺らす。
限界まで攻めるでもなく、かと言って中途半端に流すでも無い。

「こうしているとまだ走り始めた頃のコトを思い出すよな」

流れる景色を見ながら啓介が呟いた。

「どうした?急に」
「覚えてるか?兄貴・・俺がレッドサンズに入る前のコト」
「忘れるもんか 初めてお前をFCのナビに乗せた時ときたら・・・・地元では名の知れたワルが泣きそうになったのは笑ったぜ」
「しょーがねえだろ 俺だってあんな経験初めてだったんだから・・それからしばらくは兄貴の横に乗ってたよな」
「こうしてお前とタンデムするのは秋名以来だな・・あれからもう1年か 早い物だ」

ハンドルを握りながらこれまでの思いを馳せる涼介。
群馬最速を目指した遠征、拓海との出会い、プロジェクトD、そして首都高。
既にただ楽しいだけでは済まなくなった走るという行為、だがその中で得た掛け替えの無い物、それを継いでくれる仲間に対し
伝えられるのは走るという行為を通してのみ。

北の丸トンネルを抜け、赤坂STへ。
FCの車速が乗っていく。

「啓介・・今夜のタンデムがお前との最後のタンデムだ」
「え?」

「な・・待ってくれ兄貴!そりゃどういう意味だ!?」

涼介の突然の申し出に狼狽する啓介。

「そう泣きそうな声を出すな・・・・お前は俺の考える公道最速理論の完成型に限りなく近い 既に俺から学ぶ技術は無いだろう・・勿論またこうやって出かけるコトもあるだろう・・だが これからはお前がお前の意思で考え走る番だ」
「・・・・」

呆然とする啓介を乗せFCは芝公園方面へ抜けて行く。
迫る浜崎橋、200km台からのブレーキングにFCは鼻を沈める。
フロントに荷重がかかり切った事を確認し、ブレーキをリリースしながらブラインドの浜崎橋へ。
徐々にアクセルを入れ荷重をリアに移しながら加速を始めるFC。

「啓介・・だから今日はお前に伝える 走るというその意思を───!」

汐留めJCTに合流。
100kmを割る速度から再び加速を始めるFC、その時だった。
羽田線方向から聞こえる”音”を二人は聞いた。
FCのエキゾーストノートに重なり、飛び込んでくる音の主はFCの右をかすめ走り去る。
遭遇───ブラックバード。

「行くぞ!啓介」

戦闘態勢に入ったFCの追撃が始まった。