※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

先行する911との速度差は既に100km/h近い、FCの前方で右から左へワープするかのように911は汐留めSを抜けて行く。
C1で一番広い3車線、クリアな一番右側の車線をFCは加速する。
200・・220・・体験したコトの無い速度域に啓介の体は硬直する。
スピードメーターの針が230を指すか指さないかでFCはフルブレーキ、一番イン側を走る一般車を避けながら一番アウトの車線へFC が飛ぶ。

───コーナーの鉄則はアウトインアウトだがあのままインを走っていれば間違いなく一般車とクラッシュしていた 兄貴はそんなコトもわかるのか?───

右に左に、そして溢れるパワーを大胆に、繊細に扱いながらのスラローム。
パワー差の出にくい銀座エリアに突入する911とFC、その差は徐々に詰まりつつある。
迫る銀座S、200km/hを超える速度からの減速勝負が土橋、そして京橋への加速勝負へ繋がる。
メーター読み150km/hのコーナリング、啓介が以前に911を追っていた速度より数段上のコーナリング速度である。

C1で最もツイスティな数寄屋橋でついに911を射程圏内に納める。

───ここからだ ここからの京橋の登りの加速はパワー勝負になる・・頼むぞFC!───

銀座エリアで3速固定だったギアを2速へ。
一瞬のホイールスピンの後にグリップを回復するFC、矢のような勢いで京橋を駆け抜ける。
先行する911、メーターの針が240を越し、江戸橋JCTが迫る。
以前より更に乗った速度、そして事故の記憶により啓介の体は硬直した。
強烈なGを受けながら911が先行する形で二台は9号線へ突入して行く。

「水温OK・・油音OK・・」
「今日もベストコンディションじゃない?Z───て(笑)」
「オイオイ・・いきなりやって来Zに乗せろって言ってそりゃナイんじゃねーのォ?」

FCと911のバトルが繰り広げられる直前、横羽線上を走るS30の姿があった。
助手席にはレイナの姿も見える。

「アキオ君って運転してる時いつもそんな感じだよね 自分に酔ってるってゆーか」
「いーのいーの・・ほら自(うぬ)に惚れて何が悪いってね(笑)」
「それってぇ なーんか違うと思うんですけど」

ゆっくりと流しながら多摩川を渡り東京都へ入り、昭和島JCTへ差し掛かるとZは羽田線へ入っていく。

「あれ 湾岸線に行かないんだ?」
「んーなんとなくかな・・Zがって言うか俺もたまにはコッチから上がってみたいと思ったからね」

お世辞にも広いとは言えない2車線道路を走るZ、やがて大井JCTが近づいて来る時にアキオとレイナは音を聞いた気がした。
車内の空気が徐々に緊張感を伴う物に変わっていく。

「聞こえた?アキオ君」
「へーお前も聞こえたんだ・・・・踏むよ」

ブースト計の針が跳ね上がる。
突き進むZ、徐々に近づく音、そして体中の血が沸騰するようなテンション。
見覚えのある独特の形状の物と見慣れないもう一つの形状のテールランプを確認するとZの空気が一遍する。
それは狂おしく、身をよじるように、走る悪魔と言われたその物であった。