教師育成



スペードの普及に意欲のある方のために
スペードの指導者の育成と研鑽のために


テキスト


挨拶


こんにちは

ようこそ!スペードへ

どぞ、座って遊んで見ましょう^^

このゲームは欧米では一番人気^^


操作


「席につく」 → 「ロボット」 → 「ゲームを開始」ボタンを押す。

「見せる」ボタンを押す。

「A K」の枚数を数え、数字のボタンを押す。0枚の場合は1。

カードをダブルクリックして出す。

左の「スコア」ボタン押せば、スコアが見れる^^


ルール


2対2のチーム戦です。向かいの人は仲間です。両隣の人は敵です。

カードの強さは、A>K>Q>J>10>9>8>7>6>5>4>3>2。

スペードが切り札で、ほかのマークより強い。

手札を見て、勝てると思う枚数で宣言します。仲間と自分の宣言数字の合計は、二人の目標ビッドです。

目標ビッド以上に取った場合、加点されます。足りなかった場合、減点されます。

先に500点獲得した方が勝ち。

このように、何回か繰り返して、先に500点獲得した方が勝ち。

基本ルールは以上です^^

1回も取れない時は、ニルを宣言します。成功すれば100点獲得、失敗は100点減点。

カードを見ずニルを宣言した場合、ブラインドニルと言います。成功すれば200点獲得、失敗は200点減点。

目標ビッド以上に取った場合、1ビッドにつき10点加点されます。足りなかった場合、1ビッドにつき10点減点されます。

目標ビッド以上に取った分は、バッグです。バッグは1個1点、10個溜まると100点減点されます。


プレー


同じマークのカードを出す。ない時には他のマーク。

切り札でないについては、先に出されたマークのカードは、後のより強い。

切り札スペードのすべてのカードは、ほかのマークより強い。

場に出た4枚のカードのうち、一番強いカードを出した人にトリックが加算されます。

トリックを取った人が、次のカードを出します。


用語


ビッド bid : 勝てると思うカードの数。目標トリック数。

トリック trick  : プレーして勝った数。

バッグ bag  : チームの目標ビッドを上回るトリック数。1ビッドに1点加点。
例えば、チームは合計8ビッドで、9トリック取ったときは、9-8=1バッグ加点。
10バッグ=-100点減点。

ニル nil  : カードを見て、一回も勝てないと思う0トリック宣言。
プレイして、1トリックも取らなかった場合、100点加点。1トリックでも取った場合、-100点減点。



文字入力補助


よく使う文字の「コピー&ペースト」は、
無料ソフト「Stamper2」
ワンクリックで貼り付けられる!