|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

はじめに

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

なぜ、よりによって、私の娘がガンに……。
しかし私はまだ楽観的でした。現代の進んだ医学なら必ず娘を助けてくれるだろうと、信じていました。私は、私にできる限りの、経済的、精神的な支援をすればいい、あとは現代医学にまかせておけば大丈夫だと……。
そしてつらく苦しい治療が始まりました。抗ガン剤治療です。娘はみるみる衰えていきました。あの元気で活発だった娘が、どんどんやせ細っていくのです。
それでもこれは、ガンを治す過程での、避けられない苦しみなのだ。これにくじけず頑張れば、娘は元の元気で活発な姿に戻るのだ。現代医学を信じてさえいれば、悪い結果になるはずはない……。
そして娘はわが子ながら、本当によく頑張っていました。あの壮絶な吐き気のまえでは、すべての思考回路はストップしてしまうでしょう。中学1年の女の子にとって、髪の毛が抜けていくということが、どんなにつらく悲しいことでしょう。
友達は皆元気で学校に行っているのに、なぜ私だけ病院のベッドで寝ていなければならないのだろう。夜一人で寝ている時、泣いたこともあったのではないでしょうか。
でも娘は泣き言一ついいませんでした。笑顔も忘れることはありませんでした。本当にわが子ながら、頭の下がる思いでした……。
それなのに…、信じていた…、唯一の頼みの綱であった…、現代医学から娘は死の宣告をうけたのです。ガンの転移が発見されたのです。あと半年か1年ということでした……。


第1章に書くことはすべて事実です。事実にもとづき、娘のプライバシーに配慮し、あえて実名と商品名はふせてありますが、できるだけ正確に、皆様にお伝えしようと思っています。
悪質な出版社が批判を受けているように、代替医療や抗ガンサプリメントについては、もちろんすべての方が、私の娘と同じ結果になる保障はありません。
しかしこれは、正真正銘事実なのです。


第2章は、娘の闘病中に知った抗ガンサプリメントのセールスコピーから、「ガンは病気でなく、“進化”に関連した生物にとって必要なものなのではないか」という思いつきを、素人流にまとめてみました。


第3章は、もし身体にガンが発見されたとき、ガンへの最高の対応は「ガンを利用すること」、次は「ガンを治すこと」、そして「ガンを抑えること」、最悪なことは「ガンを取り除くこと」、というガンに対する姿勢を考えてみました。


白血病は血液のガンとよばれています。
かたまりを作らないこのガンに対しては、症状を抑える治療というのは、非常に難しいようです。
いきおい、この病気を克服するためには、その次の、ガンを治す治療というレベルまで、高める必要があると思うのですが………
それには、生命の本質ともいえる部分にまで、立ち入らなければならないようです。
素人は無謀にも、それに挑戦しようと、考えたのですが………


今から5~6億年も前に、地球の生物は大変革を起こしています。
一気に多細胞化し、数も種類も劇的に増えています。
この進化のビックバンが、なぜ起きたか?
私は生物の分裂増殖のシステムに、変化が起きたからではないかと考えました。
ヒントは、「たけやぶやけた」、です。