※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


オープニング



首筋に寒気が走ったかと思うと、俺はいつものように、うんざりとするいつもの場所へ飛ばされる事となる。
体が少しずつ消えていく。グロテスクな移動の仕方だが、苦痛は全く感じない。
慣れてしまえばどうという事はないんだ。

視界が開け、いつもの部屋が見えた。真中に黒い球体の置かれた、どこにでもあるような部屋。
俺達の人生を大きく変えた部屋。

「あれ?」
俺は部屋を見るなり、違和感を感じた。いつもとは違う奇妙な空気。

どうしてこんなにいるんだよ……

ざっと数えて50人かそこら。大人数が狭い部屋で窮屈そうに体を捻じらせている。
……妙に変な人間が多い。コスプレなのだろうか?

あんだよ……オタクがどっかで大量死したのか……?

その時、玄野に電流走る。頭によぎった、忘れたい思い出。
泉の手によって行われた新宿大虐殺である。

まさか、また泉が……? いや、奴にはもうそんな事する意味なんてない。
だったら……泉みたいな奴が他に……?


「まーはっはっはっはっはっはっはっ」

突如、部屋にくぐもった声が響いた。玄野は勿論、部屋にいる全ての人間がある一点を凝視した。
ガンツに呼ばれた人間には決して出る事の出来ないベランダに、コスプレをした巨漢が立っていた。
まるで漫画に出てくる小悪党のような雰囲気である。

「お前達はこのワポル様に呼ばれた訳だが……」
窓の向こうでワポルという男は大儀そうに話しながら、ナイフに刺さった肉を食べた。
生肉……? 牛肉……? とにかく大きくて丸い肉だった。

「お前達にしてもらいたい事がある……まあゲームだなゲーム……あーん」
肉に食いつき噛みちぎる。二、三回口を動かすと、また肉を口の中に入れる。
あっという間に肉は無くなってしまった。なんて食欲だ……

「優勝者には褒美をやろう……何でも一つだけ願い事を叶えてやる。本当だぞ?」
ワポルは肉の無くなったナイフを残念そうに見つめた。


頭が、追いつかない。明らかに今までとは違う。あんな存在は今までいなかった。
これもガンツの仕業なのか?

「ワポルとかいうヤツ!!」
ワポルの話を遮るように、一人のコスプレ男が叫んだ。玄野の知る不良共よりも遥かに屈強な体つきである。
「これはいったい何のつもりだ!私にはしなくてはならない事がある!
こんなところで油を売っている場合ではない!」
「まーはっはっはっはっはっ! カバじゃな~い! そういきり立ったところで同じ事だダイアー。お前には何も解決できんよ」
ワポルはダイアーという男を意気揚揚に蔑み、下品な笑い声を上げた。

「我々に何をさせるつもりだ!」
ダイアーが質問する。その一言にワポルは目の色を変える。
ますますにやついた表情になり、ダイアーを含め、部屋にいる全ての人間を冷酷な瞳でせせら笑った。

「さっさと言え!」
「ダイアー、殺し合いだ。 ここにいる俺様以外の人間で、最後の一人になるまで殺し合って貰う。
さっきも言ったように最後の一人、優勝者には願いを一つだけ叶えてやらん事もない」

ワポルはそう言い、肉のついていない裸のナイフを噛み、食した。
バリバリという金属を噛み砕く怪音が窓越しに聞こえてくる。
ワポルの異常な行動とその言葉によって、部屋にいる全ての人間は大きく揺さぶられた。
呆然とする者、辺りを睨みつける者、恐怖する者。衝撃を受けたのは玄野とて例外ではない。

今までのガンツとは明らかに違う……仲間通しでの殺し合い……
はあ!意味分かんねえし!何なんだよあのワポルって奴……!

「そんな悪行、このダイアーが許すとでも思っているのか!」
「まーはっはっはっはっこのカバが! お前に許す許さんの権限なんぞ最初からない。王様だぞ俺は、あーん」
ナイフの柄の部分まで口に放り込む。人間の出来る業じゃない。
こいつは星人なのか……?

「お前らの足元にデイパックが転がっているだろ? その中に入ってる武器で殺し合ってくれたら、俺様としてはなかなか嬉しいな。
……そうそう、今までに何回かこの部屋に来た事のある連中がいるだろう? 今回はガンツスーツとかもそのデイパックの中に入れてある。
ま、どのデイパックに入っているかは知らんがな。いつものように着れると思ってたか?
まーはっはっはっはっはっはっはっカッバじゃなぁ~~~い!!」
憎たらしい声が部屋に響く。ダイアーを見ると、彼は顔を真っ赤にさせて怒り狂っていた。

「我々が貴様の思惑通り殺し合いをするとでも思っているのか!?」
その言葉を聞き、ワポルは思い出したかのように笑みをピタリと止めた。
「そうだ忘れてた。お前らの中にはもう気づいている奴もいるだろ?首を見てみろ」

俺は驚愕する。首輪が巻かれていた。いつの間にか、知らないうちに。
ふざけんな……なんだよこれ……あのやろぉ
玄野と同じように部屋にいる者は動揺し始める。

「その首輪の中には爆弾が仕込まれているのだ。24時間誰も死ななかった場合は勝手に爆発するから注意するんだな。
あと、6時間毎の定期放送で、禁止エリアという奴が発表される。その禁止エリアに入った奴はもれなく首輪が爆発する。
ま、気をつけるんだな……んー、ちと小腹が……」

玄野の脳裏にワポルの言葉が反復する。爆発、首輪が爆発。逃れられない殺し合い。
ふざけんなよ!ちくしょうあの豚野郎……!!一人しか生き残れないってマジかよ!?

「いっ!?」
玄野を含めた何人かが驚きの声を上げる。
部屋にコンクリートが破壊される音が響いた。ワポルがベランダの壁を噛み砕いたのだ。
「おお、この家はなかなかウマい」
そして美味しそうに顎を運動させて、コンクリートを食した。

星人だ……あいつ間違いなく人間じゃない。

「怪物めッ!」
ダイアーが身を乗り出し、窓の正面に立つ。
「このダイアーが貴様を地獄の淵に沈めてやる!」

ワポルはそんなダイアーをどうでもよさそうに見つめ、ポケットから取り出したボタンを押した。
それと同時に、ダイアーの首輪が電子音を発し始める。

「こ、これは!?」
「まーはっはっはっはっはっ! ダイアー、お前はドラム王国、国王ワポル様に偉そうな口をきいた刑で死刑とする!
首輪の実験もかねてな。まーはっはっはっはっはっ」

ダイアーの近くにいる人間はワポルの言葉でダイアーの首輪が爆発すると気づき、雪崩のように彼の傍から逃げだす。

「ぬううう……だが爆発する前に貴様を倒せばいいだけの事!こんな窓ガラス一枚、このダイアーにとって何の意味もない!
くらえい稲妻十字空烈刃!!」
ダイアーが股を開いた姿勢で、ワポルに向かって飛んでいく。

あ、やばい……
「まーはっはっはっはっはっはっ!カバじゃなぁい!!さっさと死ねダイアー!」

ダイアーの技が窓ガラスを割ろうとした瞬間、ダイアーの体は窓ガラスによって弾かれた。
部屋自体には決して触れられない。玄野は知っていた。

「こ、これは……!?」

次の瞬間、ダイアーの首輪が爆発した。部屋に轟音、そして様々な人間の悲鳴が響く。


「王様の命令は絶対だ!頑張って殺し合え」

ワポルのふざけた台詞を聞きながら、俺は、否、俺達は一斉にいつものような方法で舞台へと飛んだ。
これも、ガンツの仕業なのか……それとも……

【ダイアー@ジョジョの奇妙な冒険 死亡確認】


────バトルロワイアル開幕────


スタート 投下順 001:支【ささえ】
スタート 時間順 001:支【ささえ】
初登場 玄野計 010:救世主現る!