※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

夜神月(やがみ らいと)


漫画Death Noteの主人公。連載開始時は高校三年生であり、その後連載が進むにつれて順当に進級。
最終的には24歳まで生きている。その当時の肩書きは警察庁の技官であり、表向きには大学院生となっている。

高校生の頃から圧倒的頭脳と一般人を凌ぐ運動能力を誇り、作中で東京大学に相当する日本一の大学に主席で合格している。
また、DeathNoteの使い方についても、死神すら思いつかない使用方法をいとも容易く見つけ出してくる。
そのアイデア、知識量共にロワトップクラスだろう。

しかし、高い頭脳を持つ反面、自分自身が優れている人間だと思い込むきらいが強く、そのために周囲の人間をクズだと見なす傾向が強い。
実際、DeathNoteを手にした彼は、世の中にいるクズ=犯罪者たちを粛清し、犯罪者たちのいない新世界を作ろうと改革に乗り出した。
月の目的は、犯罪者たちのいない新世界を作り出し、その世界で神として君臨する事である。
そのため、DeathNoteを使い犯罪者たちを粛清し、さらにそれを邪魔しようとする捜査本部の排除を行っている。
なお、捜査本部のトップがLである。