※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

海馬瀬人


遊戯の通う童実野高校二年生の現役高校生でありながら、大企業「海馬コーポレーション」の若手社長。
更には天才的なゲームプレイヤーで、「カードゲーム」に造詣が深く「カードの貴公子」の異名で呼ばれ、闇遊戯ともゲームで互角に渡り合うなど、天才的な人物として描かれる。
特にゲーマーとしてはパズルゲーム・格闘ゲームなど、数々のゲームに精通しており、原作初期ではゲームセンターのオンラインを通じて「KAI(カイ)」というスコアネームで日本一の実力者となっている事が発覚している。
千年アイテムなどのオカルト関係や非現実的(漫画・アニメ等では非ィ現実的と表記されている。)な事に関しては極めて否定的で、その手の現象に遭遇するとかなりヒステリックな反応をする。

【性格】

DEATH-T最終戦にて闇遊戯にデュエルで敗れ、闇遊戯による罰ゲーム、「マインドクラッシュ」により心を砕かれ約半年間廃人と化すまでは邪悪な性格だった。
ロワ参戦時期はこれ以前となるので邪悪な性格のままだと思われる(その様な性格となっってしまったのは後述の通り。あくまで彼本来の性格は「マインドクラッシュ」を喰らった後のものである)。
目的の為なら手段を選ばず、人間らしさが感じられない程の残忍なものであり、悪党としての印象が極めて強い。
たとえば、青眼の白龍を入手する為に所有者の個人に圧力を加えた上で自殺に追い込む。
DEATH-T編では遊戯の持っていた青眼の白龍を奪ったり、また遊戯の祖父「武藤双六」の大切な青眼の白龍を破り捨てたりする。
また、など殺人鬼や殺し屋を雇い遊戯一行を襲わせ、命を奪いかねないようなゲームを強要させる。
モクバに対しても容赦なく笑いながら罰ゲームを課している。
モクバによると昔はここまで酷くはなかったらしい。
一人称:俺
二人称:貴様、お前
同作品キャラの呼称
遊戯→遊戯
バクラ→バクラ

【勝利への理念と異常なまでの拘り】

宿敵の養父を完膚無きまでに倒す事を目標としていたが、勝手に死なれてしまった事により不可能となる。
後に出会う遊戯を宿敵・標的と執着する様になったのはこの経験が要因である。
力=正義、敗北=死という考え方を持つ。
その出自は悲哀なものであり、弟のモクバと同様の孤児。
モクバを産んですぐに母が亡くなり、八歳の時に事故で父を亡くし、その遺産を親戚に食いつぶされた末に十歳で五歳のモクバとともに児童養護施設へ預けられる。
この経験からモクバ以外の人間(特に大人)を信じなくなり、モクバに「他のヤツに気を許すな、弱みを見せるな。オレがいい暮らしをさせてやる!」と言うのが口癖に。
モクバによると施設生活まではよく笑顔をモクバに見せていたため、モクバは過去がやり直せるならば海馬家の養子にならず、笑顔が似合う兄と一緒にいたいと望んでいた。
大物実業家・軍需産業企業「海馬コーポレーション(略称KC、旧称・海馬重機工業)」二代目社長の海馬剛三郎(かいば ごうざぶろう)の養子となる為、剛三郎が得意とする「チェス」で勝負を挑み、彼に見事勝利。
原作では剛三郎は「これが負けた者の末路」として海馬コーポレーションビルから飛び降り自殺をした。
劇中での海馬の冷静な表情からは察する事が難しいが、剛三郎の自殺は予期しなかったらしく、その死によって親殺しの呵責と倒すべき敵を失った事によって精神が乱れていったと同時に「誰かを倒さねば自身を保てない」性格に変貌してしまう。