※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Scarlet-Gletscher大皇国は箱庭海(13,10)に位置する国家



国家名称 Scarlet-Gletscher大皇国
皇帝名称 Stahl皇帝
総帥名称 帰宅部委員長総帥
首都 グラン・ザール
通貨 円or$
公用語 日本語
政治体制 絶対君主制
議会制 貴族院
建国 T7000程度(朧げ)
国教 仏教(儒教)


歴史


我が国家の形成において多大な影響を与えたのは火焔皇国である.
火焔皇国とはかつて大陸に存在した一大国家であり,様々な面において優秀な技術を保有していた.
その傘下にあったのが我が島であり,この島は一時期火焔皇国の名を使用していたが,それは属領であった為に他ならない.
かつて帰宅部委員長総帥火焔皇国に随身していたが,専門家の研究ではそれは火焔皇国の技術を入手する為であったと推測されている.

その火焔皇国が大陸にて衰退の色を見せ始めた頃,帰宅部委員長総帥は叛旗を翻した.
即ち,近衛兵のみならず人民の総力を結集したクーデターである.我々はこれを独立戦争と呼称している.
島に駐屯していた火焔皇国の軍勢は瞬く間に蹴散らされ,ここに帰宅部委員長総帥Kaiserreich of Glanzender宣言を行った.
その後火焔皇国は島に大海軍を幾度となく派遣したが,小寺海軍軍令部総長や長坂空軍総参謀長の活躍に依り攻撃が本土に届くことはなかった.

そして火焔皇国の攻撃が止み島との国交が回復すると,総帥はScarlet-Gletscher大皇国の誕生を宣言した.
初代皇帝はStahlでありこの時初めて島に皇帝が誕生した.