フェイスレス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フェイスレス(ふぇいすれす)

【PROFILE】
白金フランシーヌという女性を追い続け、幾度と無く姿を変え、本当の自分の顔を失ったことから自分でこう名乗っている。

フランシーヌと瓜二つのアンジェリーナを奪うため、才賀 貞義として才賀機巧社を築き才賀 正二とともに活動していたが、アンジェリーナの妊娠を知って絶望し、日本を離れる。
日本を離れた後は、しろがね-O部隊を組織し、フェイスレス司令として活動する。
黒賀村で自動人形にアンジェリーナを殺害させた後、柔らかい石の在り処を見失ってしまい、転送(ダウンロード)の研究を続ける。
数年後キュベロンにディーン・メーストルとして訪れていた際、エレオノールにアンジェリーナの面影を感じ、長きに渡る計画を発案し、エレオノールの洗脳を開始する。
才賀貞義として再び日本に訪れて、正二と入れ替わり「サイガ」の社長を続ける裏で計画を着実に遂行し、黒賀村を消すために「勝」という子供を使った計画を正二に伝える。
だが勝へのダウンロード中高速道路での正二の襲撃を受け、酸のプールに落とされてしまい、首から下を機械化して潜伏した。

サハラでの戦いにフェイスレス司令として赴き、鳴海に兄白銀の面影を感じ、鳴海に嘘の昔話を聞かせ戦線を離脱。その後新生真夜中のサーカスを発足させる。
その後勝を拉致するために黒賀村を襲うが、勝の抵抗を面白く感じ、2年間のゲームを提案して去り、黒賀村に刺客を送り続ける。
そして8ヶ月後、全世界にゾナハ病を蔓延させ、エレオノールとその体内の柔らかい石を狙い続けるが、作戦の大詰めモン・サン・ミッシェルでの勝へのダウンロードが失敗し、エレオノールと二人で宇宙へ逃げる計画も失敗してしまう。
何もかも失ったフェイスレスは、人類が2週間で人類が全滅するようにゾナハ病の進行を早め、本来の白金の顔に自分の顔を戻し宇宙ステーションにて世界の顛末を観続ける。
ゾナハ病の止め方を聞き出しに勝が独り宇宙の自分の下へ現れるが、必死に止め方を乞う勝を蔑み、プラハの町並みを作り上げた宇宙ステーション内で勝との最後の戦いに挑む。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

メニュー

 ・トップページ

 ・あらすじ

 ・年表(仮)

 ・登場人物

 ・懸糸傀儡

 ・よくある質問

 ・コミックス

 ・用語集

 ・名言集?

 ・意見・掲示板


更新履歴

取得中です。