フランシーヌ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フランシーヌ(ふらんしーぬ)

【PROFILE】
1763年クローグ村に生まれ、12歳で人買いに売られプラハに移り住んだ。
プラハの町でリンゴを売って子供達や老人たちに施しを与え、どんなに自分が苦しくても笑顔を絶やさない。
ルシール・ベルヌイユの伯母にあたる。

19歳の時、白銀白金兄弟と出会い三人で幸福な時間を過ごした。
そして、自分の全てを受け入れてくれた白銀からのプロポーズを受け、結婚する。
しかしその夜、白金に略奪されるように連れ去られ、白銀との決別を強いられた。白金の暴力により逃げることも許されなかった。
だが、その白金の歪んだ愛情もフランシーヌは受け入れ、長い旅ののちフランシーヌの故郷キュベロンに辿りつくが、そこで病にかかり村人たちに隔離される。
そして9年の歳月の果てにキュベロンに辿りついた白銀と再会し、白銀はフランシーヌの病気を治すために柔らかい石の研究に没頭する。
が、フランシーヌは白銀、白金の二人を裏切ることができず、自ら小屋に火を放って自殺する。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

メニュー

 ・トップページ

 ・あらすじ

 ・年表(仮)

 ・登場人物

 ・懸糸傀儡

 ・よくある質問

 ・コミックス

 ・用語集

 ・名言集?

 ・意見・掲示板


更新履歴

取得中です。