白銀


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

白銀(ばい いん)

【PROFILE】
1756年中国に生まれる。白金の兄。
金とともに錬金術を学ぶためプラハに渡り、フランシーヌと出会う。

フランシーヌと愛し合い結婚するが、金の憎悪を招き、金はフランシーヌを連れて消えてしまう。
9年間世界中を探し回った白金は、キュベロンにて金とフランシーヌに再会する。
病に苦しむ妻のために柔らかい石を作成するが、フランシーヌは自殺してしまう。

その後は生きる目的を失い、全てを忘れるために医者として世界中を放浪する。
オランダ人ジャコブ・インとして日本に渡り、少年 成瀬正二郎(才賀 正二)と出会い交流を深め、最古の操り人形あるるかんを開発させる。
何もかもを失い絶望していた銀だが、『まだ先生は終わっていない、「しろがね」という名前で別の人生を生きればいい』と正二郎に教えられる。
正二郎との出会いによって、自分がまだ為さなければならないことを思い出すこととなる。

その後白銀はキュベロンに戻るが、そこで金の手によって壊滅したクローグ村を目の当たりにする。
金の罪を償うため、ゾナハ病で苦しむクローグ村の人々をしろがねに変えるが、それは自分の地獄の運命を背負わせることと知って、仮面の下で涙を流す。
そして己の体を生命の水に溶かし、「土は土に、人形は人形に還せ」という言葉とともにクローグ村の人々の精神をのっとった。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

メニュー

 ・トップページ

 ・あらすじ

 ・年表(仮)

 ・登場人物

 ・懸糸傀儡

 ・よくある質問

 ・コミックス

 ・用語集

 ・名言集?

 ・意見・掲示板


更新履歴

取得中です。