才賀 貞義

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

才賀 貞義(さいが さだよし)

【PROFILE】
白金(ディーン・メーストル)が才賀 正二の息子を演じていた状態の名。
正二は貞義を本当の息子のように信頼していたが、貞義の本来の目的はアンジェリーナを奪うために、二人の様子をうかがうことだった。
アンジェリーナの妊娠を知った貞義(ディーン)は絶望し、アンジェリーナと正二への怒りが爆発する。
その結果、黒賀村に数百体の自動人形を襲わせ、アンジェリーナを殺害する。

勝を使った計画のため、才賀機巧社を大企業「サイガ」へまで発展させ、ダウンロードの研究を続ける。
そして勝へのダウンロード寸前に正二の襲撃を受け酸のプールに落とされるが、首から下を機械化し潜伏した。

この事件で才賀貞義は社会的に死亡し、その後はフェイスレスとしてのみ活動する。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

メニュー

 ・トップページ

 ・あらすじ

 ・年表(仮)

 ・登場人物

 ・懸糸傀儡

 ・よくある質問

 ・コミックス

 ・用語集

 ・名言集?

 ・意見・掲示板


更新履歴

取得中です。