アルレッキーノ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アルレッキーノ(あるれっきーの)

【PROFILE】
白金フランシーヌ人形を笑わせるために造った自動人形、最古の四人の一人。
武器でもあるリュートを爪弾いてゾナハ病をばら撒き、全てを燃やし尽くす「緋色の手」を持っている。
笑いの研究を重ねるうちに、人間に興味を抱き始め、知識をや経験を得ることへの好奇心がどの自動人形より強い。
「真夜中のサーカス」団員時代は、人の生が美しいのは儚く死ぬからだと説き、不死者のしろがねを醜悪な存在として蔑んでいた。

サハラの決戦で加藤 鳴海に敗れ、破壊された体を回収されてフェイスレスの手によって新たな体で生まれ変わる。
だがフェイスレスが最古の四人を愛していないことを知り、フランシーヌに酷似したエレオノールに付き従う。
エレオノールに「人間を傷つけるな」と命令され、モン・サン・ミッシェル内でOに殺されかけていた生方 涼子阿紫花 平馬を救う。
命令を守っただけのことだったが、涼子に笑いかけられ感謝されたことから、アルレッキーノの思考に微かな変化が起こる。
その後、涼子から「力をかしてほしい」と頼まれるものの、前述の命令から逸脱していることを理由に一度は拒む。しかし、思考の微かな変化は、彼を思いもよらぬ行動に導くこととなる。
最後の四人の一人、ブリゲッラの攻撃で、涼子が危機に瀕していたまさにその時、助けに駆けつけたのはアルレッキーノだった。滅びの美しさを説くブリゲッラに過去の自分を重ねたアルレッキーノは、「滅ぶのが美しいのではない。滅びを知ってもなお、自分の存在を肯定できる、その姿こそ美しい」と言い放つ。それは、かつて鳴海がアルレッキーノに言い放った言葉であった。この時点で彼の思考はすでに過去と大分異なっている。

ブリゲッラを何とか退けた後、エレオノール、鳴海らとともに最終決戦地へ向かう列車に乗り込む。道中、列車を襲撃しようとする最後の四人の気配を感じ取り、主と仰ぐエレオノールに迎撃のための暇乞いを進言する。エレオノールから「戦って、勝ち、そして必ず戻ってくるように」と命令されると、歓喜の表情を露わにし、涼子の祖父、生方 法安に木彫りの小鳥を涼子へ渡すよう託して出撃する。それはもう一度涼子の笑顔を見たいがために、アルレッキーノが自ら作ったものであった。

出撃したアルレッキーノは、ブリゲッラと再び対峙する。格闘技を得意とするブリゲッラに対し、遠距離攻撃用の技、「神を讃えよ」を使って追い詰めるものの、ブリゲッラの本来の戦闘能力である「ミサイル」の前にあえなく敗れる。しかし、この戦いが、後の鳴海とブリゲッラとの戦いで鳴海が勝利する鍵となる。

半壊したアルレッキーノは、同じく出撃して敗れた最古の四人の一人、パンタローネの頭部を回収し、なんとかエレオノールの元までたどり着く。「必ず戻って来い」という命令に従って・・・
そこで見たものは、悲願であったエレオノール、すなわちフランシーヌの満面の笑みであった。
もはや、エレオノールがフランシーヌでないことを理解し、存在意義を失いかけていたアルレッキーノであったが、最後の最後で、本来あるべきはずだった自分の存在意義を満たせたのである。運命を感じた彼は「機械仕掛けの神もおわすらしい」とつぶやき、満足して笑顔のままパンタローネと共に機能停止した。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

メニュー

 ・トップページ

 ・あらすじ

 ・年表(仮)

 ・登場人物

 ・懸糸傀儡

 ・よくある質問

 ・コミックス

 ・用語集

 ・名言集?

 ・意見・掲示板


更新履歴

取得中です。