ゾナハ病


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ゾナハ病 (Z.O.N.A.P.H.A. Syndrome)


正式名称「他者の副交感神経系優位状態認識における生理機能影響症」

  • 他者の副交感神経を優位状態にすれば(笑わせる)、発作が緩和するという奇病。



この病原体は200年前、笑わないフランシーヌ人形を笑わせるために白金が産み出した。
初めにクローグ村の住民を感染させた後、真夜中のサーカスが世界中に撒き続ける。
この病原菌の正体は虫型の小型自動人形アポリオンの集合体で、肉眼では銀色の煙に見える。
体内にアポリオンが侵入し、人間の神経を操作することで発病する。


第一段階

呼吸困難と、全身に激痛が走る発作が起こる。
他者を笑わせれば緩和する。

第二段階

身体の免疫力が低下し、別の感染症に襲われる。
ほとんどの者はこの段階で死亡する。

第三段階

体が冷たく硬直し、死ねなくなる。
動けなくなり、呼吸困難と激痛の発作が続く。

また、上記を無視し、フェイスレスの操作により容易に殺人を行う事が可能である。


生命の水を飲むか、生命の水が血に循環しているしろがねの血を飲むことで治療できる。
レイフ・バンハート?博士が発明したハリーは、アポリオンを退ける能力がある。

フェイスレスが再び世界中にばら撒いたゾナハ病は、以前真夜中のサーカスが広めたゾナハ病より強力で、さらにフェイスレスの操作で自由に病気の進行速度を変え、殺人もできるようになった。これにより、物語の前半においてキーワードとなっていた「死なない病」という点が消失した。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

メニュー

 ・トップページ

 ・あらすじ

 ・年表(仮)

 ・登場人物

 ・懸糸傀儡

 ・よくある質問

 ・コミックス

 ・用語集

 ・名言集?

 ・意見・掲示板


更新履歴

取得中です。