シルベストリ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シルベストリ(しるべすとり)

老人型人形だが、自動人形の中でも伝説になるほどの剣の使い手。
しろがねとの戦いには参加せず、アプ・チャーのように人間の生活の中に入り、「笑い」を研究をすることを役目とする。
パリに滞在していた際、スズランを売る花売りの少女と出会い、彼女の成長していく過程を見る内に、「人間はなぜ群れたがるのか」という疑問を抱く。
才賀 勝とのゲームのためにフェイスレスに徴集され、黒賀村に向かい、勝に疑問を投げかけた。
激闘の末に勝に敗れたシルベストリは、最期に疑問を答えを得た。
人間は群れを成し輪を作ることによって進化し、観客がいない暗闇の中で同じ芸を続けるだけの自動人形は進化できないと。
少女から買った小さなスズランに寄り添う人間の姿を見、本当は人間の輪の中に入りたかった自分の心に気づき活動を停止する。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

メニュー

 ・トップページ

 ・あらすじ

 ・年表(仮)

 ・登場人物

 ・懸糸傀儡

 ・よくある質問

 ・コミックス

 ・用語集

 ・名言集?

 ・意見・掲示板


更新履歴

取得中です。