加藤 鳴海


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

加藤 鳴海(かとう なるみ)

【PROFILE】
1981年生まれ。
父親の仕事で中国に渡り、師 梁 剣峰?の下で中国拳法を極めた青年。
かつて生まれるはずだった弟を流産で亡くしており、弱い者のために強くなろうと決意した。
人を笑わせないと死んでしまう奇病「ゾナハ病」に感染してしまい、人を笑わせることが苦手な鳴海は苦しみ続けていた。

人を笑わせるためにサーカスのアルバイトをしている最中、才賀 勝と出会い、命を狙われる勝を守ろう決意する。
「誘拐組」に連れ去られた勝を救うためにエレオノールとともに善治の屋敷に侵入し、生まれかわった自分の「弟」を守るために鳴海は命を懸けて戦ったが、爆発から勝を守る際に左腕を失い、記憶を無くし離れ離れになる。

爆発により瀕死状態だった鳴海はギイ・クリストフ・レッシュに命を救われ、生命の水を与えられしろがねとなってフランスで目覚める。
ギイに導かれるまま、否応無く自動人形との戦いに巻き込まれて行くが、戦いを拒み続けた鳴海だが、子供達を人質に取った自動人形を見て激怒し、しろがねとして自動人形と戦うことを決意する。
ゾナハ病患者が収容された施設を訪れた鳴海は、たくさんの子供達と安息の時間を過ごすが、子供達は日に日に減っていき、死ぬことさえできない子供達の苦しみを目の当たりにする。
鳴海は「自動人形は、全て俺が破壊する」と子供達に誓い、レイフ・バンハート?博士にゾナハ病の治療薬を作ってくれと切願する。

中国へ渡り、梁 明霞王 張健?と再会するが、鳴海の拳法の師でありミンシアの父である梁 剣峰?がゾナハ病に感染していることを知る。
しかしその地の生命の水の泉への自動人形の襲撃を受けてしまい、さらに鳴海は白銀の記憶に囚われてしまうが、梁 剣峰の拳と言葉により、自分の目的を思い出し目覚める。
梁 剣峰は生命の水の泉と共に爆死し、悲しみのまま中国を離れ、しろがね犬の先導を受けサハラ砂漠の「真夜中のサーカス」に向かう。

世界中のしろがねがサハラ砂漠に集結し、鳴海は真夜中のサーカスにゲームの参加者の一人として入ることになる。
鳴海はこの戦いの最中出会ったしろがね達と触れ合い、しろがねには普通の人間と同じ感情があり、ただの人形破壊ロボットでは無いと理解する。
ボロボロに傷つき、多くの仲間を守りながら自動人形と戦い続けるが、体内の血を失いすぎてしまい意識を失い、手足の石化が始まり崩れ落ちてしまう。
しろがね達は鳴海を守るために戦い散っていき、シュヴァルツェス・トーアは、死んでいったしろがねの人形の手足を鳴海に移植し、エドワルド・ダールは自分の血を全て鳴海に与える。
涙を流し復活した鳴海は、最古の四人のパンタローネアルレッキーノを撃破し、首魁フランシーヌ人形の下へ辿り着くが、その人形は「自分は偽物である」と鳴海に告げ停止する。
サハラの地で流れた多くのしろがねの血は無駄だったと知り愕然とし、この事実を誰にも伝えられないまま一人生き残った鳴海は、怒りをぶつける場所もなく呆然と崩れ落ちる。

その後鳴海はスティーブ・ロッケンフィールドとの約束を果たすため、ミンシアと共にイギリスに渡り、そこでフウ・クロード・ボワローの屋敷に訪れる。
そこで日本にいるエレオノールがフランシーヌ人形の生まれ変わりであるという情報を受け、ゾナハ病の止め方を聴き出すために怒りのまま日本に渡る
日本でエレオノールを強襲した鳴海は、必死の抵抗を受け一時去ろうとするが、エレオノールに引き止められ、監視のために仲町サーカスと行動を共にする。
生方 法安と四国に渡った際フェイスレスが世界中にゾナハ病を広めたという事実を知りフウの下へと向かい、その指示でアメリカのゾナハ病棟でバンハート博士が開発した「ハリー」という機械を守るために、ギイ達と共にアメリカに渡ることになる。
ハリーの奪還に成功し、フウの指示でフェイスレスの居るモン・サン・ミッシェルに向かい、崖上の勝(互いに気づかない)からエレオノールを受け渡される。

その後ローエンシュタイン大公国でフェイスレスの最終通告を受け、ロシアのロケット発射場にハリーを運ぶ作戦に参加することになる。
列車でエレオノールと二人になり、自分の記憶が戻っていることを告げるが、過去の記憶など虚しいだけだと言い突き放す。
発射場へと列車が到着しようとした頃自動人形の襲撃を受けてしまうが、エレオノールが自らを犠牲にしてハーレクインと共に列車から飛び降り、鳴海は助けられる。
その後最後の四人のブリゲッラを撃破し、法安と二人でシャトル発射台へと辿り着くが、ディアマンティーナが率いる自動人形の大群に奇襲され、鳴海一人で戦いに挑む。
危機に瀕したその時勝が駆けつけ、二人で全ての自動人形を破壊するが、勝は名乗らず鳴海の目を塞ぎ「お前には幸せにしてやれる人がいる」という言葉をかけ、鳴海は今すべきことを理解する。



名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

メニュー

 ・トップページ

 ・あらすじ

 ・年表(仮)

 ・登場人物

 ・懸糸傀儡

 ・よくある質問

 ・コミックス

 ・用語集

 ・名言集?

 ・意見・掲示板


更新履歴

取得中です。