梁 明霞

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

梁 明霞(リャン ミンシア)

加藤 鳴海の拳法の師梁 剣峰?の娘。
父親との意見の相違で家を飛び出し、香港で映画女優として活躍する。
加藤 鳴海と再会し、ゾナハ病にかかった父を捜しに山中に向かい、自動人形としろがねの存在を知る。
差し出される生命の水を拒み死んでいった父の想いを理解し、父が望んだ「本物の人生」を生きることを決意して自動人形との戦いに参戦する。

サハラでの戦いでは、真夜中のサーカステントに入り、ルシールの血を飲んでしろがね達と共に戦う。
最初はしろがねに嫌悪を抱いていたが、鳴海を守るために散っていった者達を見て、しろがねが感情のある人間だと気づいていく。
そして、鳴海らと共に多くの犠牲の中で生き残り、その後日本に渡る鳴海と別れ、少しの期間女優業に戻った。

数ヶ月後、フェイスレスが世界中にゾナハ病をばら撒いた事実を知り、鳴海らと共に「ハリー」を守るためにアメリカへ渡ることになる。
アメリカ・レイ疫病研究所で死闘を繰り返すが、自動人形ブロム・ブロム・ローの一撃で瀕死の重傷を負う。
その後ローエンシュタイン公国に渡りエレオノールと対面、父を殺したパンタローネを引き連れていたことにより激しい怒りをぶつける。
憎悪のままエレオノールに敵愾心を燃やしていたが、エレオノールがみんなを助けるために、弱りながらも大量の自分の血を飲み水に混ぜている事実を知る。
誤解が解けたミンシアはロシアに旅立つエレオノールに、自分の代わりに鳴海を守ってくれと伝え和解する。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

メニュー

 ・トップページ

 ・あらすじ

 ・年表(仮)

 ・登場人物

 ・懸糸傀儡

 ・よくある質問

 ・コミックス

 ・用語集

 ・名言集?

 ・意見・掲示板


更新履歴

取得中です。