才賀エレオノール(しろがね)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エレオノール(えれおのーる)

【PROFILE】
本名、才賀 エレオノール。
1910年1月1日、黒賀村にて生まれる。
しろがねの才賀 正二アンジェリーナの間に誕生し、0歳で生命の水を飲みしろがね化する。

母アンジェリーナの胎内で柔らかい石を受け継ぎ、フランシーヌ人形とともに井戸に落下した際それが発動し、生命の水を飲みしろがねとなる。
誕生した直後に、フランシーヌとフランシーヌ人形の苦しみの記憶を部分的に受け継いだため、エレオノールの心に暗い影を残してしまうことになる。
ギイと正二は、「アンジェリーナの娘エレオノール」は産後に死亡し、アンジェリーナと柔らかい石の行方はわからないという嘘をしろがね本部に伝えた
それから20年エレオノールは黒賀村に幽閉されるが、正二とギイはフランシーヌの記憶によるエレオノールの精神崩壊を危惧し、1人の「しろがね」としてエレオノールを育てる決意をする。
それから15年間ギイとともに旅を続け、7歳でフランスのキュベロンにてルシール達のもとで「しろがね」としての訓練を受ける。
しかしエレオノールは白銀の記憶を持たないため、人形を操るための厳しい訓練を受けることになり、徐々に彼女の心を閉ざしていった。
その中、ディーン・メーストル(白金)に目をつけられ、笑うことの出来ない"人形"として洗脳されてしまう。
その後、ファイナル・ムーヴが発生し、東欧の戦闘へ参加することとなり、しろがねとして自動人形と戦い続ける。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

メニュー

 ・トップページ

 ・あらすじ

 ・年表(仮)

 ・登場人物

 ・懸糸傀儡

 ・よくある質問

 ・コミックス

 ・用語集

 ・名言集?

 ・意見・掲示板


更新履歴

取得中です。