ドクトル・ラーオ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ドクトル・ラーオ

猛獣使い型の自動人形で、伝説の怪物をモチーフにした自動人形を引きつれ黒賀村を襲う。
常に紳士的な態度を取るが、残忍な性格で、同じ猛獣使いのリーゼにライバル意識を持ち幾度と無く襲い掛かる。
だがモン・サン・ミッシェルでの戦いで、リーゼの魔眼により手下の猛獣自動人形を奪われてしまい、自らの猛獣に踏み潰され破壊される。
ビースト?は、ドクトル・ラーオが実験台として脳を操作した虎であった。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

メニュー

 ・トップページ

 ・あらすじ

 ・年表(仮)

 ・登場人物

 ・懸糸傀儡

 ・よくある質問

 ・コミックス

 ・用語集

 ・名言集?

 ・意見・掲示板


更新履歴

取得中です。