アンジェリーナ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アンジェリーナ(アンジェリーナ)

【PROFILE】
1820年クローグ村で母親のルシール・ベルヌイユ、村人らとともにしろがねとなり、体内に柔らかい石を埋め込まれる。
白銀が遺した人形あるるかんを操り、柔らかい石を狙う自動人形の標的となり過酷な戦いを続けた。

フランシーヌの血縁であり、顔が敵の首領フランシーヌ人形に似ていたため、しろがね達から虐げられていた。
ある日母ルシールに、あるるかんと一人分の生命の水だけを持たされ、しろがね本部から追放される。
孤独な放浪の旅を続けた末、日本に渡り成瀬正二郎(才賀 正二)と出会う。
正二郎はアンジェリーナの柔らかい石による呪われた運命を受け入れ、二人で永劫の時を歩むことを誓う。

正二と、しろがね時代の仲間ディーン・メーストルとともに才賀機巧社を設立し、しろがね用の懸糸傀儡を製作する。
数年後、正二の子供を宿したことを知り、静養のため黒賀村に単身で渡る。
柔らかい石を求めたギイ・クリストフ・レッシュの襲撃を受け打ち勝つが、アンジェリーナは、母親に捨てられたギイの苦しみを理解し受け入れる。
正二、ギイ、フランシーヌ人形に助けられながらエレオノールを無事出産し、その際に体内の柔らかい石はエレオノールに受け継がれる。
しばしの幸福な時を過ごすが、ディーンの差し向けた自動人形の襲撃を受け、弱りきった体で最後まで子供達を守るために戦い、ギイの腕の中で微笑みながら息絶える。

生涯正二だけを愛し続け、ディーンを見ることは一度もなかった。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

メニュー

 ・トップページ

 ・あらすじ

 ・年表(仮)

 ・登場人物

 ・懸糸傀儡

 ・よくある質問

 ・コミックス

 ・用語集

 ・名言集?

 ・意見・掲示板


更新履歴

取得中です。