がっちり稼いで何が悪い!!

このページを編集する    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

昔ながらの営業手法を駆使して、ガンガン稼いでいる営業マンは、企業には必ずいるが、あなたがトップセールスマンになるには、子の手法は、使えない!!

と言うお話でした。


ならば、具体的に見ていこう。


昔は、テレビCMなども今のように数はなかった。

そして、雑誌も今のように氾濫していない。

ましてやインターネットなんて想像も付かない。


ハッキリ言って買い手側の情報があまりにも不足していたのだ。

このよう中でセールスマンは、どのような売り方をしていたかと言うと、宣教師のごとく新商品を説きまわるスタイルだ。

商品を希望してるしてない関係なしにこの商品は、このような利点があり、あなた自身にこのようなメリットを享受できる。

あなたは、この商品を買わないと後悔することになる。と

商品の説明をいわゆるマシンガントークで相手をかく乱させ、反論が出たらそれをその場で打ち消し、なんでも売っていた。


今では、情報が氾濫している。

インターネットを使えばどのような情報でもボタン一つで見れるようになった。

いろんな商品を自分自身で比較できるようになった。

なので、今までのように押しの強い、しつこいセールスマンの話を聞かなくても自分自身でどこに行ったら、その商品がいくらで買えるかを一瞬にして把握できるのだ。

このしょうな状況で今までのスタイルの営業マンの話を一生懸命になって、聞くような人のよい人はほとんどいない。


今までのスタイルは、人を操り、商品を買ってもらうまで頼み込むスタイルだ。

まず、人は操られることに抵抗を感じる。

抵抗を感じるから、いつ断りを入れるか!?そのことで頭がいっぱいで、セールスマンがいくら話をしても頭に入らない。


あなたも経験があるのではないだろうか?


アプローチから商品説明、ニード喚起、確信させ、いざクロージングとなった時点での断りを。


これは、お客様はほとんどあなたの説明を抵抗だらけの感情で聞き、最後の最後になって”いりません。”で終わる。


明らかに時間の無駄だ。
労力の無駄。
会社の経費の無駄である。


このような無駄を無くすには・・・


つづく・・・
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|