※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

リバウンドはとにかく予習が重要です。
闇雲に跳んでいるだけではなかなか取れません。

ボールのこぼれる方向はある程度決まっていますので、まずはパターンを覚える事から始めましょう。
特にゴールに近い位置でのシュートはパターンが少ないので、覚えるのも簡単だと思います(今後のバージョンアップでパターンが増えるかもしれませんが)

タイミングが良く解らない人は、自由練習でミドルシュートを撃って、外れたら自分でリバウンドしてみましょう。

練習のポイント
  • 正面から撃つと大抵正面に返ってくるので正面から撃つ。
  • 外れ易くするためにゴールに背を向けて撃つ。

ポジション別解説
  • Cはミドルシュートや3Pシュートのリバウンドが重要です。パターンがちょっと多いので大変ですが、リングのはじき方で大きく跳ねるのかこぼれるのかなど、ある程度予測はできますので、自由練習で自分で3Pをいろんな位置から撃ってみてパターンを覚えましょう。ただ、独りで全部をフォローすることは難しいので、基本は正面に大きく跳ねたボールを取る心構えで、可能であれば他のパターンにも対処する感じでいいと思います。
  • FはCのシュートのフォローが基本です。具体的にはレイアップとゴール下シュートのリバウンドです。これらのシュートは今のとこ完全に固定パターンなので、試合中でも気をつけて見ていれば覚えられると思います。(逆に自由練習だとレイアップは外れにくいので不便)もう一つ、Fの役割として、Gの3PがCの予測と違う場所に跳ねてしまった時や、敵に邪魔されてCがベストポジションに入れなかった時などに、Cの代わりにリバウンドすることです。Cと同じ場所で跳んでもあまり意味は無いので、Gが3Pを撃った時はCの反対側にできるだけ陣取りましょう。
  • Gはあまりリバウンドは考えなくていいです。それよりも、こぼれ球をダイビングキャッチする準備をしておきましょう。ただし、CGGなどの構成で、味方にFがいない時は、CのシュートをフォローしてあげるFの役割をする人が一人はいたほうがいいです。