|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ぐるーぷびー【グループB】

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1983年からFIAで定められたWRCの車両規定である。
12ヶ月間にわたる生産台数を200台以上とした規則で、改造範囲も広くラリー専用車として数々の名車が開発されました。
特にこの時期にはハイパワー4WDが台頭した時期でもあり、
その過激さに「狂気の車」と皮肉られたりしていました。実際、グループBが終焉を迎えたのも
制御しきれない性能を持つこれらの競技車両による事故が続発したことによるものでした。
特に記憶に残った事故は、86年コルシカのSS18、不世出の天才といわれたヘンリ・トイボネンのドライブする
ランチア・デルタS4はコースアウトして炎上。ヘンリとコ・ドライバーのセルジオ・クエストは帰らぬ人となりました。
グループBはこの事故の年に終わり、安全なグループAに引き継がれました。
キマックスだけの辞典です。