HIM


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フィンランドのロック・バンド、HIM (His Infernal Majesty)
ヴォーカルのヴィッレ・ヴァロ(Ville Valo)が結成。ゴシックサウンドを擁したラブメタルを自称する。
Vo,G,B,Key,Drの5人編成です。
Voのヴィレ・ヴァロ。かっこいいです。
ともあれ、北欧らしく美麗なメロディラインが良いです。
  • And Love Said No: The Greatest Hits 1997–2004

1 And Love Said No
2 Join Me in Death
3 Buried Alive By Love
4 Heartache Every Moment
5 Solitary Man (Neil Diamond Cover)
6 Right Here in My Arms
7 The Funeral of Hearts
8 In Joy and Sorrow
9 Your Sweet Six Six Six
10 Gone With the Sin
11 Wicked Game
12 The Sacrament
13 Close to the Flame
14 Poison Girl
15 Pretending
16 When Love and Death Embrace
題名にはベスト盤とあります。確かにベスト盤ですが、知らないと聴いたらそうと気づかないでしょう。
曲の流れが寸断されず、アレンジが極端に変わるということもなくすっと聴けます。

捨て曲なしです。ほんまにええっす。
ベストは3.Buried Alive By Love 4.heartache every moment 7.The funeral Of Heartsかな。
"Heartache~"はKeyが規則正しく音を刻んでいるので、
メロディラインのまとわり付くような感じが軽減され、曲全体が爽やかに纏まっていると思います。
The funeral Heartsのようなまとわりつくような感じも大好き。

冬場の身を切るような寒さが彼らには似合います。雪を見るとなぜか聴きたくなるアルバム。
添付ファイル