In Flames


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • Lunar Strain(1995)
日本盤には、1stEp;Subterraneanが追加収録(*その後Subterranean単体で日本盤発売)
ファンの間では名曲の呼び声高い、"Stand Ablaze"収録(日本盤)
音質はよくないけど、この垢抜けない感じがすきだ。なんだろうこの匂い。いい。

1. Behind Space から走り出す。いきなり、畳み掛けるようなブラストとギターの疾走がいい。
曲のラストはアコギがそこはかとない!今のIn Flamesには望むべくもない雰囲気がここに。
3.starforsakenなんかヴァイオリンからスタート。これなんかも今はないアプローチで、一聴の価値有り。
11.のStandablazeはSubterraneanのほうが音質が◎。ギターのメロディに酔いしれる~
  • Colony(1996)
 
 自分の中では彼らのベストCD。垢抜けたけど、彼ららしさがのこってる。ファンの間でも名盤との誉れが高いですね。

 もう、ド頭の"Embody Invisible"からキてるよっ!!カッコよすぎる。不朽の名盤。
 よく聴くのは、2の"Ordinary Story"
 この頃に戻ってくれないかしら。。。
  • A Sence Of Purpose(2008)
 
 う~ん。なんか、納得いかないの。。。
 これってIn Flamesなん?アメリカナイズされて、私の好きな部分が・・

 後半から盛り上がってくる。日本盤に収録されているEPは激しくて速い。買うなら、日本盤かな。