日本人拉致事件


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日本人拉致事件


日本人拉致事件とは

1970~80年代に多発した朝鮮民主主義人民共和国、通称:北朝鮮による国家ぐるみでの日本人誘拐事件の事を指す。2002年に5人の被害者が帰国したが、未だに北朝鮮による拉致の疑いのある人が数多く存在しており、完全解決はしていない。

日本人拉致の目的

個々のケースによって目的は異なるが、多くは工作員への日本語教育や工作員への偽装身分の提供などが目的と思われる。また、工作員であることを知られた為口封じに連れ去られた場合も少なくない。

日本人拉致の手口

1960年代から1970年代初め頃までは日本海や東シナ海の海岸から工作船で北朝鮮に連れ帰る手口が多かったが、1970年代後半からはヨーロッパ旅行者を騙して連れ帰る方式にシフトしている。

日本人拉致の主な記録


1997年 拉致被害者連絡会創会
2002年9月17日 日朝首脳会談
2002年10月15日 5人の拉致被害者が帰国


外部リンク

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。