靖国神社


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

靖国神社


靖国神社問題とは

極東裁判(東京裁判)でA級戦犯とされた東条英機元首相をはじめとした人々を合祀したことに端を発する。
日本の首相は靖国神社へ伝統的に参拝を行っていたが、朝日新聞による靖国神社を問題視する報道を元に、中国共産党が「靖国神社への参拝は軍国主義を賛美するもの」と反発するようになった。
近年、小泉首相は参拝を「心の問題」と位置づけ、参拝を強行した。

靖国神社の歴史





争点

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。