※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前:
タイトル:
本文:

マルクス主義に関する,太郎丸博先生の見解 -- I 2005-11-29 13:20:05



この研究をとおしてわかったことは,マルクス主義は"意外に"有効な議論をおこなっており,そこから学ぶことはたくさんあるということである.ここ十数年の日本の社会学界においては,マルクス主義は凋落傾向にあるといっていいだろう.しかしマルクス主義には理論と実証の両方で膨大な研究の蓄積があり,ソ連型の社会主義が崩壊したぐらいでこれをすべて捨て去るのは,決して社会学にとって得策とはいえまい.とくに合理的選択理論はマルクス主義と共通点を持っており,マルクス主義 (とくにマルクス主義的な歴史学や人類学) から学ぶことは多い.

太郎丸博:『土地所有権生成のメカニズム』 in 三隅一人 [編著] :『社会学の古典理論 数理で甦る巨匠たち』,p.37


  • moe- -- I (2005-11-29 13:20:24)
名前:
コメント:

How to delete your contribution -- I 2005-11-28 22:12:58


1. Add a comment to your target contribution.
2. There appears the thread solely.
3. Edit that page.


  • This explanation is MICRO-seeing, though I want to write and read MACRO-seeing passages. Always to do is more difficult than to declare. -- I (2005-11-28 22:26:51)
  • 分かりやすい説明ありがとう。了解しました。 -- S (2005-11-28 23:13:47)
名前:
コメント:

北杜夫:『幽霊』の解説 -- I 2005-11-28 21:49:22


『幽霊』は,昭和二十七年から二十八年にかけ,雑誌
「文芸首都」に分載され,昭和二十九年,文芸首都社発行名義で
自費出版された.発行部数は七百五十部,書店では十三部ほど
売れたという.

(新潮文庫版 p.231, 奥野健男による)

  • moe- -- I (2005-11-28 22:13:20)
  • moe- -- I (2005-11-28 22:15:17)
  • I can't understand what this passage wants to say correctly; finally how many did they sell, 763 or 13? -- I (2005-11-28 22:24:26)
  • 763部は「発行」部数だから売れた部数ではないでしょう。13部というのも、あくまで「書店」で売れたものかと。推測ですが、北の知り合いが北から直接買った冊数が結構多いのではないでしょうか。もしかしたら、最終的には完売したのかもしれません。しかし、13部はあまりに切ないですね。 -- S (2005-11-28 23:17:20)
  • I dare to say a boring and irritating (sorry) opinion: as Dr. Kawabata says, number has the sense only when we compare it with other number. Perhaps, selling 13 books in self-cost publishing may have been great work. -- I (2005-11-29 21:09:51)
  • Speaking about literature, can't you become an "web designer who understand Nakagami and other artists?" -- I (2005-11-29 21:11:39)
  • moe- -- I (2005-11-29 21:12:32)
  • 比較していないのだから少ないとは言えないというのはその通りですね。ウェブデザイナーの件ですが、僕はウェブデザインに関しては全くの素人なので難しいです。井上君はいかがですか? -- S (2005-11-29 21:51:58)
  • そう言えば、moeとは何ですか。 -- S (2005-11-29 21:52:53)
  • "moe-" means "test", "age" , "hard academism" or "onanian -- a marvellous onanist", namely, senseless. I use the term when I need to edit my contribution. -- I (2005-11-29 22:11:10)
  • I don't join the site on Nakagami because (1) I work (and study) only for money; I don't join volunteer activities; (2) I have never read Nakagami's work, and I don't think I have the ability to read them; (3) in addition, I have no potential to understand literature; the famous classical book (Iwanami Label's green and red covers) which I have read are only 4 or 5 books. -- I (2005-11-29 22:16:10)
名前:
コメント:

Zeppelin, Mashymre -- I 2005-11-28 20:52:44



『スーパースター デジタル リマスター シリーズ Led Zeppelin IV』ってやつやねんけど,これはベスト盤? 『Black Dog』とか『Rock and Roll』とか入ってる.

マシュマーの論文はむろん全部読むよ.先生の文章は非常に読みやすい.しかも内容が (少なくとも僕にとっては) おもしろい.

  • 転職による転機と当事者の解釈過程 (計量)
  • 多値変数を含むブール代数分析 (数理)
  • ブール代数を用いた権利能力の規定要因の分析 (数理)


  • Test of using HTML elements: <em>emphasis</em>. -- I (2005-11-28 21:48:25)
  • Zep Ⅳはベストではないですが、名作中の名作と言われています。 -- S (2005-11-28 22:07:33)
  • Tnx for the infomation. -- I (2005-11-28 22:17:44)
  • Speaking about rock music, I have hated the Beatles because my classmates of junior-high liked it and I had the custom to love what others don't. But I listend to the Beatles in thesedays for the first time in 8 years. It was not so bad. Rather, I can prefer them. -- I (2005-11-28 22:20:06)
  • Beatlesもよく聴きました。特に初期の曲。EIGHT DAYS A WEEKやI WANT TO HOLD YOUR HANDなんかね。中期はIN MY LIFE、後期はHEY JUDEなど。 -- S (2005-11-28 23:12:25)
  • In French language, "in eight days" and "in a week" have same meaning, which is strange. -- I (2005-11-29 11:17:16)
  • There was "the study of B'z" as a paper of bachelor degree of sociology at the main building 5F of the Faculty. -- I (2005-11-29 20:28:10)
  • フランス語の話ですが、面白いですね。そういえば、英語にも似たような話があったような気がします。「B'zの研究」というのも、驚きです。稲葉の歌詞に潜む「喪男の精神」を暴いていればO.K. -- S (2005-11-29 21:47:59)
名前:
コメント:

すごい軍歌 -- I 2005-11-28 10:27:22


流れ豊かな黒竜江の 岸の繁みが我が住家
水を鏡に鬚面剃れば 満州娘も一目惚れ
(『流砂の護り』)

喪男の妄想乙.


  • moe- -- I (2005-11-29 13:08:11)
名前:
コメント:
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|