ちゃんと書いてある通りのことを喋ったのに…

7 名前: スペクレ 03/12/27 15:49 ID:???

 もう何年も前になるけど、ふと思い出したコンベで出会ったこまったちゃんの話。

システムはガープス・ルナル文庫版で、参加PL数は拙僧を含め5人ほど。
GMさんは初心者らしいのだが、やたら自信満々に
「『コンプRPG』に載っていた公式シナリオをやります。初心者対応もします」
という事なので、他に行きたい卓もなかったので参加。

 色々と地雷でした。ええ、イロイロと。

参加PLの一人が(晩秋だったので)黒いジャンパーを着ていたのですが、
背中には漫画『逮捕しちゃうぞ』の舞台となる警察署の名前がデカデカと…
(当然、本人は自慢げに着ています)

100CPでキャラクターメイクをしたのですが、彼の作ったキャラクターは当然の様に
アルリアナ(気まぐれと一夜の恋を司る女神)の格闘系萌え娘。(当然【好色】持ち)
「アルリアナの『ブーツ』じゃなくて、『ハイヒール』がイイ!」とかGMではなく、
何故か拙僧にゴネていたんですが、まぁその当時に“相当品ルール”なんて概念がメジャーな筈も無く…
ていうか、そもそも拙僧GMでもないし。 まぁ、適当にあしらって、ゲーム開始。

 あ、そうそうキャラメイクの資料は、GMの持ってきた文庫版ルール(基本と、ルナルの奴)が一冊ずつだけでした。
続けますぞ。



8 名前: スペクレ 03/12/27 15:51 ID:???

 さて、ゲーム開始。「父親が失踪した」というNPCの娘さんが我々の所に依頼に来るのですが、これがどうにも変。
この娘さん、名前を聞いても答えずGMは必死にシナリオに書いてあるセリフを読み上げています。
と、言うかシナリオの筋を語るのに一生懸命で、こっちの言うことを聞いていません。
とりあえず、こっちのリアクションを無視して言いたい事を言った挙句、呆気に取られた我々を(GMが)睨みつけるや
「もう、いいです!あなたたちには頼りません!!」とか叫んで、飛び出していく娘さん。

 そして、追いかけて外に出ても、とっくに姿が見えなくなっている訳で。
「探した方が良いんだろうねぇ?」「でも、どうやって?私ら、あの娘の名前も知りませんぜ」
「て言うか、最初“か弱いヒロイン”系だったのに、後半“勝ち気”系に移行してましたしな」
とか、ぼーぜんと会話する我々。

 そこでGMのコメント
「どうして失敗したのかなぁ…ちゃんと書いてある通りの事を喋ったのに」
ちなみに休憩入れて話を聞いたら、GMこのシナリオを一行も読んでなかったそうです。

 休憩明けから、GMを一くさり吊るし上げたのは言うまでもありません。…若かったなぁ。

31 名前: NPCさん 03/12/27 22:58 ID:???

あ、私の書いたネタが表題になっている。
選んでくれてありがとう。

>棒読みのGM
似ているような人がいた。
ソードワールドでシナリオ集を読みながら進めるんだ。
読んでいる間は本をじっとみつめ、ものすごい早口で読み進めるから、
聞いているPLは情報の洪水にあふれるばかり。
しかもGMなまっているからアクセントがなくて、
どの情報が重要なのかもさっぱりわからない。

なんかGMと会話しているのか、本と話しているのかわからなくなって、
面白くなかったなぁ。


32 名前: NPCさん 03/12/27 23:01 ID:???

たまたまそんなGMにあたって、たまたま内容知ってたんで全力でGMフォローに回ったことあるな。
間を保つのと、時間を引き延ばすことの大変さを知った夏。

でも失敗。


39 名前: NPCさん 03/12/28 04:59 ID:???

ありゃ?記憶違いか。すまん、娘が依頼してくるのは3章だから、
そのままやったんだとしたらグズバンの財宝のわけないな。
別冊、で勘違いしたみたい。
怪情報申し訳なし


40 名前: スペクレ 03/12/28 13:52 ID:???

>>39
 かのGMさんは何せ「シナリオを読んでない」ので、第3章からシナリオがスタートしていても、
拙僧はちっとも驚きませんぞ(w。

 ともあれ、シナリオ情報サンクスであります。

41 名前: NPCさん 03/12/28 22:44 ID:???

別冊のアンディの冒険は神殿からの依頼だ、娘が出てくるのは現地についてから。
それ以前にソロプレイ用のシナリオをそのまま持ってくるとは思えないが。


スレ7