家財を守ってくれ

248 名前: NPCさん 2005/05/18(水) 09:12:34 ID:???

某スタンダードファンタジーものを遊んだときのこと。

シナリオはシティアドベンチャーもので、金持ちの商人一族を暗殺者から警護せよ
というもの。なにやら過去に遺恨があって、それで暗殺者に身を落とした人物が居る
といったストーリーをGMは目論んでいた様子。

GM/依頼人:「敵の手から家財を守ってくれ」
PC A    :「家財だけで良いのですか」
GM/依頼人:「うむ。家財を壊すことの無いようよろしく頼む」
PC B    :「家財に損壊を与えるような方法で撃退するなということですね。
         で、あの、本当に守るのは家財だけでよいのですね」
GM/依頼人:「そうだ(自信満々)」

そして警護をはじめた夜。あれこれPCたちが奔走したにも関わらず、依頼人の娘が
ふとしたことから暗殺者の手にかかってしまう。当然ながらPCたちの落ち度を追及
する依頼人。

GM/依頼人:「娘が死んでしまった! どうしてくれるんだ!!」
PC C    :「何か問題がありますかか。契約は『家財の警護』で『家族の警護』は
         頼まれてませんでしたよ?」
GM     :「え、うそ、俺ちゃんと言ったはずだよ」
PL一同   :「「言ってない」」

...結果、そのまま事態は紛糾してセッション崩壊。PLとして参加した俺は色々と反省
しきりのセッションでした。




スレ66