どうしてもお金を持たせておきたくないDM

82 名前: 1/2 2005/06/03(金) 14:35:17 ID:???

15年ほど前のの体験談なんだが、D&D(旧版)で、
どうしてもPCにお金を持たせておきたくないDMがいた。
当時はTRPG自体始めたばかりでDM、PL双方共に経験が少なかったんで、
ミッション経験点って概念を取り入れてなかったのが原因の一つではあるんだけど。

以下実例。

1)冒険を終え、手に入れた金貨を銀行に預けにいったら、
『こういった財宝は、国家の所有物という扱いになります。』と没収。
2)冒険を終え、手に入れた金貨を銀行に預けにいったら、
『これは精巧な偽金貨ですね、貨幣としての価値はありません。』
3)冒険を追え、手に入れた(ry
銀行を出てしばらくしたら、『大変だ!銀行に盗賊団が押し入ったぞ!!』

DMとしては、シナリオのアイデアは良いものが多く、楽しめたんだけど、
この癖だけには閉口した。



84 名前: 2/2 2005/06/03(金) 14:45:33 ID:???

で、皆たまりかねて、DMになぜそうまでして所持金を
奪いたがるのか聞いてみたら、

『お金を手に入れて裕福になったら、冒険に出てくれなくなっちゃうじゃないか。』

という答え。

私を含めたPL側もそれはなるほどと思い、じゃあせっかくなら、
ムザムザと没収されたりしてしまうよりは、
もっと有意義に使いたい、ということで、そのキャンペーン世界にある街の中で
土地と建物を買い、冒険請負業みたいな物を始めよう、ということになった。
もちろんそれはDMにも相談して、了解をもらった。

ところが、冒険で集めた金をはたいて土地を買い、さあ建物を建てよう!となった段階で、
詐欺に引っかかった事が判明。
なんと、土地登記の手続きをやってくれた役所の窓口の役人(変なところに凝るDMだった)
が偽者で、まんまと購入代金を騙し取られた!というオチ。

他にも役人がたくさんいた役所内で、どうして偽者が窓口に座って応対できたのか、とか
色々追求してみたけど、満足の行く回答は得られなかった。

結局、詐欺師は捕まえたものの、土地の購入代金は全く戻ってこず、冒険請負業の話も立ち消え、
少し経ってミッション経験点導入を思いつくまでは、D&D自体を封印する事となってしまった…。

87 名前: 86 2005/06/03(金) 14:49:32 ID:???

>>85
まあ確かに『困ったちゃん』ってほど凄まじい話ではないですね。
平日昼間のプチネタって事で一つ許してください。

スレ69