ヒューマノイドのマーキング

41 名前: 1/5 2005/06/11(土) 17:03:33 ID:???

俺の初体験は、リア厨2年の夏。
場所は友人宅、相手は3つ上のお姉さんでした。

友人(A)と一緒に遊ぶ約束をしていた俺が訪ねてみると、
その友人はちょいとコンビニまで買い物に出ていた。
「A、帰ってくるのにしばらくかかるから、先にはじめてよっか」
 通されたのはAのお姉さんの部屋。Aの部屋より一回り広くて、
部屋の中央にガラスのテーブルが2つ置かれていた。
ガラステーブルの1つはAの部屋からもってきたものらしい。
リア厨だった俺は、カーテンやらコンポにかけられたカバーやら、
とにかく「女性っぽさ」を感じる部屋の雰囲気に飲まれていて、かなり緊張してた。


 あ、システムはソードワールド(文庫)。GMはそのお姉さんです。

43 名前: 2/5 2005/06/11(土) 17:04:31 ID:???

「どんなのがしたい?」
とか聞かれつつ、キャラメイク開始。
ルルブ(文庫)が1つしかなかったので、
2人で覗きこみながら進めていく。
 ふと視線を落とすと、ガラステーブルごしにお姉さんの太もも。
なぜかヤベっとおもって顔を上げると、
お姉さんの顔がすぐそばにある。
まつげなげー、とか、いい香りするなー(今思えば単なる制汗剤)とか、
キャラメイク以外のところでいっぱいいっぱいになっていく。

 結局、なれないうちはファイターがいいだろうとすすめられて、
人間のファイターを作った。
サイコロをふりはじめたところで友人Aが帰宅。
正直、ほっとしたのをおぼえている。
友人の姉妹とはいえ、やっぱきれいな人と2人きりってのは緊張した。

 その後、お姉さんの友人Bさん、その彼氏のCさん、
お姉さんらが所属してる高校のゲームサークルの部長Dが
やってきてセッションがはじまる。

 キャラクターを作ったのは俺だけで、
Aのキャラを含めて、すでに作成済みだった
(高校のサークルのキャンペーンで使っていたキャラだったらしい)。

PT構成は、
人間の専業ファイター:俺
エルフのシーフ、シャーマン:A(普段はおねえさんのキャラ)
ハーフエルフの専業ソーサラー:B
人間のシーフ、プリースト(チャ・ザ):C
人間のファイター、プリースト(マーファ):D
マーファでファイター?と思ったが、相手年上だし、怖いしでなにも聞けなかった。



44 名前: 3/5 2005/06/11(土) 17:05:31 ID:???

んでセッションスタート。

初めは単なるゴブリン退治の依頼。
村人から依頼されて、ダンジョンに潜り、
村の秘宝を持ち帰るという内容。
3~5LVパーティなんで楽勝だったりするわけだが、
初心者の俺になれさせるためのチュートリアルみたいなものだったのだとおもう。
まあ用心棒にトロールとか出てきたんだけど、
Dのマーファファイターのクリティカルによってあっさり撃沈。

 でまあ、実はその秘宝はゴブリンたちのもので、
それを村人が横取りしようとして冒険者を雇った
というのが真相。
しかもその秘宝を洞窟から持ち出してしまったことによって封印がとけ、
トンネルからはレッサ―デーモンたちがわらわら出始める。
 んで、冒険者がもう一度トンネルに潜って、
封印しなおしてセッション終了。
 初プレイだったけど、
バトルシナリオのファイターだったおかげで戦闘で活躍できたし、
個人的にはかなり楽しめた。




45 名前: 4/5 2005/06/11(土) 17:06:22 ID:???

 このまま終ってればめでたしめでたしだったんだが、
セッション終了後、Dがシナリオに文句をつけはじめる。

D「敵役NPCでもない村人が嘘つくのは、アンフェアだ」
「洞窟にトロールってネタはベタ過ぎて寒い」
「デーモンとかいるのに、マジックアイテム少なくねぇ?」
「そもそも、俺がマーファなのにバトルシナリオってどうなのよ」等々
 んー、あなた、専守防衛の意識とか全然関係なく、
フツーに殴ってたように見えましたが?
とか思いつつも、おれは怖くて沈黙。

ただ、そこでCが口を開き
「お前がマーファだってんなら、そもそも殴ろうとするなよ。
今回は専業ファイターいたんだし、
無理に前に出る必要なかったんじゃねぇ?」
とか、1つ1つDの文句を論破していく。
おねえさんとCはそれをなだめているんだが、
ストレートに悪意ある言葉が飛び交い、
どんどんヒートアップしていく。

そんなところで決定打。
C「つーか、お前のシナリオより数倍マシ」
Dがぶちきれ、Cにつかみかかっていき、
人の家だっつーのにガチバトル勃発したらしいです。

俺はというと……口論が始まったあたりでAの部屋に退避し、
騒音に怯えつつAとMSX版三国志2やってましたorz


46 名前: 5/5 2005/06/11(土) 17:06:54 ID:???

しばらくして、静かになったので、
Aと一緒に恐る恐るお姉さんの部屋に。
もう、高校生の男2人が暴れたあとだけあって、部屋はめちゃくちゃ。

しかもCさん、頭血でてます。
なんか置物投げつけられたらしい。
部屋にDはおらず、どうやらかえったらしい。

ひじょーに気まずい場。
「なんか、ヘンなのいてごめんねー」
とかお姉さん言ってるけど、
あなた一番の被害者なんでは……。

 と恐縮してたら、そっからはお姉さんとBによって
Dに対する罵詈雑言がスタート。
女って悪口に容赦ないのな!っていうところに
カルチャーショックをおぼえてみたりした。
そんなに嫌ってるなら何で呼ぶんだろう、というと
「上級ルールブックだけあれば、あんなやつ要らないのに」
だってさ。
うちのほう田舎だったんで、
書店では上級ルールブックが入手困難だったのよね。
(確か、ルール自体、その夏発売されたばっかりだった気がする)

んで、なんだかんだ7時まわったんで帰宅しようと友人宅の門にでたんだが
……えーっと、門柱、湿ってるんですけど。

このしめりかたはあれですか、マーキングってやつですか。
しかもヒューマノイドの。

ちょっぴり大人の世界を垣間見た一夏の思い出です。

48 名前: NPCさん 2005/06/11(土) 17:12:35 ID:???

MSXには三国志IIはないぞ。
MSX2にはあるが。(どうでもいいツッコミだな)



51 名前: 41 2005/06/11(土) 17:15:42 ID:???

うへ、長すぎorz
要点だけまとめます。

・友達Aの家でセッションした。
・メンバーは、俺、俺の友人A、Aのお姉さん、お姉さんの友人B、お姉さんの友人Bの彼氏C、部長D。
・セッション後、Dがだめ出しの連続
・Cの反論(釣り?)にヤツがブチ切れ
・CとDがガチバトル
・友人Aと一緒に逃げた俺は、Aの部屋でMSX版三国志2やってた。
・戻ったら部屋がすごいことに(Cは頭から血とかでてた)。
・門柱に謎のマーキング

以上。

>48
ちなみに、正確にはシャープ製のMSX2+でした。
どうでもいい返答だがw

52 名前: NPCさん 2005/06/11(土) 17:17:08 ID:???

初プレイにしてはマーファに詳しかったんだな。どれだけ説明されたんだ。



54 名前: NPCさん 2005/06/11(土) 17:21:19 ID:???

>(確か、ルール自体、その夏発売されたばっかりだった気がする)
多分、記憶違いだ。
・上級ルールの発売は1990年7月
・MSX2版三国志IIの発売は1991年

>>51
それは酷い嘘だぞ。
当時の御三家のうち日電とシャープはMSX規格にもMSX2規格にも参加してなかった。
参加したのはFM-X出した富士通だけ。


55 名前: 41 2005/06/11(土) 17:22:10 ID:???

>>52
基本ルルブ借りて、予習してたんだよ……
我ながら、舞い上がってたんだろうなorz

あとはリプレイ読んでたくらいだったかなぁ
あ、ロードス島戦記の1、2巻はよんでたかも。

60 名前: 41 2005/06/11(土) 17:30:11 ID:???

>>54
すまん。そんなばかな!とおもってぐぐったら
MSX2+ F1-XV
sonyだったorz
かんがえてみれば、シャープといやあXシリーズだものな。

しかし、それでも年代合わないな。
そいつの家でちょくちょくPCゲーSLGのマルチプレイはよくしてたし、
そのとき別室でゲームやってたことは確かなんだが。

十数年前の記憶なんで勘弁してくれ




スレ71 MKP