どいつもこいつも報告者も

186 名前: NPCさん 2005/06/12(日) 12:37:08 ID:???

老害と言えば、そこそこの経験者がたまたま新人と同じ卓を囲んだときに、
同席していた俺に向かって
「アンタ、俺よりベテランなんだから、こいつら(新人)を鍛えるために、
何も口を出すな」
と言ってきたときには、ちと正気を疑ったな。
確かに余計な口を叩くのは禁物だが、その新人たちはそもそもどう行動
していいかわからずに、右往左往するレベルのプレイヤーだったんだから、
経験者の最低限見本を示す程度の示唆は必要だと思った。

ちなみに、そいつがそこまで言うからには立派なプレイをしてくれる奴かと言うと、
マスターの情報を聞きこぼすは、ロールプレイはシナリオを進めるより自己顕示が
主だわと、新人にとって「いい見本」だった。


667 名前: 660 2005/06/15(水) 09:45:20 ID:???

皆さんの意見ももっともなので、俺が覚えている限りの実例を出してみる。(大学時代の同好会メンバーなので、10年近く前)
この男を仮に、笹○・・・もう一つ縮めて笹と呼称する。

1:プレーヤー参加/妖魔夜行

GM(共通の先輩)「笹のキャラは雷獣か。妖術は雷撃一本、思い切ったな。
・・・って、この追加HPじゃ自分に当たったら瀕死だぞ、CPを殆ど妖術に
つぎ込んだのか。一点集中じゃなくて、少しバリエーションつけたほうが良いぞ」

笹「そうですか? じゃあ本番までに改造しておきますね」

本番

GM「笹のキャラは・・・妖術が2個になったな、二つ目は範囲型にして増強をつけた
・・・雷撃? しかも、弱点は補強してないし」
GM(電気を反射する鏡の妖怪や、吸収するバッテリーの妖怪が出たらどうする気だ?
そもそも、敵の攻撃に耐えられない体力だし)

2.プレーヤー参加/怪奇クラブ
GM(同輩)「笹は剣道部で風紀委員か」

笹「ふっ、学園の悪は許さないのさ。少々暴れても、もみ消せるし」

GM「ところで、怪奇事件に巻き込まれた少女は、メンバー共通の友人で君のクラスメイトだ」

笹「そうか。じゃあ放課後に見舞いに行こう」

GM「誰か誘う?」

笹「いや、クラスメイトなんだから一人で」

GM(共通の友人と話を振ったよな、俺は。どうやって他の奴にヒントを渡そう・・・)

669 名前: 660 2005/06/15(水) 09:52:43 ID:???

続き

3.GM/怪奇クラブ

GM(笹)「この学校の裏の森は、その昔は言ったら出られない魔の森と言われていて、
今でも時々行方不明が出るよ」

PC(そんな場所に学校建てるなよ)

GM「それで、校舎の新築の計画があって、裏の森を買い取ってそこに建てるんだそうだ。
建築会社の人間が、重機を持ってきてるね」

(中略)
森の中に昔からある、不思議な石碑の伝説があり、全PCが所属する超常研究会はリサーチに向かう。
PC(迷いの森なのに、何で有ると特定できたんだ? しかも俺達無事に出てこれるのか?)
(中略)
結局石碑に封印されていた落ち武者の霊が、事件の元凶。

PC「じゃあ、森は封印のために作ったのか?」

GM「いえ、アレは封印とは関係なく昔からあるのを、封印に利用したんです」

俺「そっちの方が、何倍も怪奇現象じゃねえか」

671 名前: NPCさん 2005/06/15(水) 09:54:12 ID:???

>>667
笹井か笹尾か笹倉か知らんが実名出すのヤメレ。Aくらいにしとけ。
>>667で聞く限りは下手糞には見えるが特に困ったちゃんには見えんな。

妖魔で低HPキャラつくって死んだ挙句に「文句を言う」までやったら困ったちゃんだと思うが。
怪奇クラブの方は、GMの準備不足じゃねーかな。
件のPLが一人で行くって言い出すのはわかってそうなもんなんだろ?
とゆーか共通の知り合いなら他のPCも自発的にお見舞いに行っても問題ない気がする。

676 名前: NPCさん 2005/06/15(水) 10:35:34 ID:???

人が、仕事の合間にちまちま書き込んでるのに、反応早すぎですよおまいら(笑)
>>671
安心しろ、奴の本名にこれっぽっちもサ行の音は含まれておらん。
当時のあだ名のもじりだ。

では、壮絶な落ちのコーナー
>>667 続き

1.笹「ぶは。GM、この敵強すぎ。俺死にかかりましたよ」
GM「そうか?威力はおまえの半分だぞ」
笹「少しは俺達の能力考えて、調節してくれても・・・」
GM「おまえ、自分のGMのとき、回避15の敵出して喜んでたよな」


2.GM(教師経由で情報を流して・・・)
GM「では、事件の調査だね」
笹「俺、単独でやる」
PC「おい、そろそろ合流しろよ」
笹「だって、俺のクラスメートだろ。だったら俺が決着をつけるべきだ」


678 名前: 660 2005/06/15(水) 10:43:09 ID:???

>>669 続き

PC「で、迷いの森で抜けられないとか言ってたのに、俺達が無事に出てこれたのは?」

GM「奥まで行かなかったから」
(これは良いとしよう)

PC「石碑の拓本をしようとしたら、はじかれたのは封印の所為か?」

GM「もう封印は弱ってると言ったでしょう。森の魔力です」
(もう少し上手くごまかしましょう)

余談

シナリオのそこかしこで登場する女生徒の幽霊と謎のクール美青年(笑)

PC「あの幽霊は被害者?」

GM「いえ、無関係な生霊で、別の事故で20年昏睡状態でした」
(ヒントをくれる役には立ったが・・・)

PC「謎の青年は?」

GM「封印の守護者です」

俺「確かクラスメートと説明された気が・・・」

GM「ええ、ずっと生徒やってます」
(説明しないと分からない裏設定いれて、事件を複雑にするのはやめましょう)

689 名前: 660 2005/06/15(水) 11:23:06 ID:???

PCに長々貼り付けないんだから、無理言わすな(苦笑)

おまえらと違って、学生でも事務職でもないんだよ。

さっきから言ってる奴が「困ったチャン」と言うのも、一つ一つはそこまで痛くないのかもしれないが、
複合されているため。

どんなルールでやっても、GMでもプレイヤーでもクールな沖田にリナ・インバースが憑依したような
キャラクターを作ってくる(GMのときはNPCで殆ど必ず出てきる)

そして、他のPCと絡まずにいきなりボスに特攻を掛けるために、他の面子が嫌がるんだよ。

707 名前: 660 2005/06/15(水) 12:40:35 ID:???

やれやれ、やっと昼休みだ。と、言っても自営業の昼休みは、有って無きが如しだが(笑)

>仕事中
スレの流れが速いから、リクエストが有ったから、急いであげたんだ。ちょうど話の流れが、吟遊マスターだったからな。
仕事が終わる頃には別の話題になって、意味をなさん。

ちなみに、こいつと一番反目していたのは、>>186 で挙げた老害候補。
ただし、傍目にはどっちもどっちだった。
何しろ方向性が違うとお互い主張しながら、遊ぶシステムは同一と言う愉快な現象が見られた。
ロールプレイも自己顕示8割で、他のPCとの絡みは茶々入れだけとか、共通点が多い事多い事。

ところで、吟遊GMやクールプレイヤーは天羅を好む傾向が見られたんだが、
うちの周りだけだろうか?

708 名前: NPCさん 2005/06/15(水) 12:42:46 ID:???

そんだけ沢山のネタを抱えているとは。660殿はVIP扱いされるべきと思えてきた


714 名前: NPCさん 2005/06/15(水) 13:07:14 ID:???

>>708
量だけあっても濃度が薄いからなー

>713
当時もメンバー間で摺り合わせがスムーズに出来てなかったってのが根底にある気がするよねー


718 名前: NPCさん 2005/06/15(水) 13:13:34 ID:???

>>708
さすがに、この二人以上に濃い人間は居らんて(w

>>714
どちらかと言うと、この二人を中心とした派閥間抗争みたいな感じであった。
こいつらと同世代の他のメンバーが、どちらかの影響で感化されるのな。
なんと言うか、ずれたプレイヤー養成所とでも言うか。
最後には、妥協や調整をあきらめて放置だった。





スレ71