GM使用キャラ夢の競演

143 名前: NPCさん 2005/07/03(日) 01:34:56 ID:???

報告

内輪で遊んでるときのこと。
GMはTという、どこにでもいる「悪い奴じゃないんだが周りが見えなくなる奴」だった。
例によって、依頼人はTがプレーヤーするときのキャラの生き別れの妹で、シナリオの
キーパーソンは別のTのPCで、重要情報を持っているのはまた別のTのPCで、ボスは
Tのまたまた別の持ちPCの一族の異端者で・・・シナリオはさながら今までTが使用した
キャストの夢の競演、T・オールスターズ。

で、ここからが困ったちゃん報告本編。

ダレまくってるプレーヤーを尻目にどこか誇らしげなTが、ボスの口を借りてシナリオの
ネタばらしをさせているとき、(TのキャラがTのキャラにアレして、これをまた別のTの
キャラが・・・)突如それは起こった。
「つまらん。シナリオ1本使ってあんたのPC設定語ってるだけじゃん。そんなに語りたきゃ
同人小説書いてコミケで売れよ。強制的にオナニー聞かされる身にもなってくれ」
誰もが内心そう思っていても、口に出さなかったことをついに言った奴がいる!(仮称N)
Tは一瞬ポカーンとしていたが、何事もなかったかのように「ではそろそろ始めようか!」
と戦闘開始。TのPCの助けを借りてボスを倒し、淡々とエンディングへ。終始無表情の
Tが怖すぎる。

次の回のGMを決める段になり、シナリオ案があるらしいNが次回のGMをやることに決定。
で、なんかギスギスしながらその週は解散。
(続く)


144 名前: 143 2005/07/03(日) 01:36:55 ID:???

で、次の週。案の定、NとTの間にバトルが発生した。

セッション前。
T「PC1に入りたいんだけどさ、このキャラ使いたいんだ」
N「そのキャラ(流しの傭兵)だと厳しいな。ハンドアウトどおりに学生キャラで頼む」
T「大丈夫だって。ちゃんとやるから。人のこと吟遊詩人呼ばわりしたんだからそれくらい
ハンドリングできるんだろ?」
N「あまりはじけた真似されると対処しきれないんだよ。そこまで使いたいなら一応許可する
けど、真面目にやってくれよ?」

セッション序盤。
N「で、その幼馴染は言うわけだ。『明日、一緒に買い物付き合ってくれるよね?』」
T「『悪いね、僕と君とはもうすんでる世界がもう違うんだ。他をあたってくれよ』」
N「ちょっとまてよ!ちゃんと学生してくれよ!ハンドアウトにそうあるだろ!?」
T「僕のキャラとハンドアウト合わないんだからしょうがないだろ。そっちの望む演出ばかり
押し付けるなよ」

セッション終盤
N「じゃあ、クライマックスだ。PCは全員登場」
T「ん~どうしよう、登場しようかな~」
N「登場してくれよ~」
T「でもさ、僕のキャラ、事件に首突っ込むモチベーションがないんだよね」
もう、ぐでぐで。
(続く)


145 名前: 143 2005/07/03(日) 01:39:17 ID:???

セッション後。
T「なんかさ、シナリオの縛りがきつくて、僕のキャラ、全然自由に動かせなかったよ」
T「ひとつ言わせてもらうけどさ、ボスってさ、基本的に最初に全部のハイパーアーツ使い
切っちゃうの。今回みたいにさ、死ぬ間際まで後生大事にとっておいたら、リソースを使い
果たしたプレーヤーは対処できないの。それはGMとしてやっちゃいけないことなのよ」
N「俺は『敵は最後の大技を狙っている』とか、『逆転のハイパーアーツを一つ残している』
とか、何度も警告したぜ?プレーヤーのハイパーアーツの数だって足りてたろう。なのに
AGPが足りなくなったのはあんたが他のプレーヤーに指示して、AGPを全部自分ところに
集めさせからだろうが」

NT間でバトルが繰り広げられるも、他のプレイヤーがどうにかシナリオを終わらせた。

で、次のGM決める段取りになった。
T「僕、もうGMやめるわ。なんかあまり評判よくないし」
今までなぜ誰もTに文句を言わなかったかと言うと、Nはメンバーの中の最古参で、
NとTの二人で9割のGMをこなしている状態で、さらに場所についてはほとんどTが
提供していた(Tのアパート)からだった。
Tが抜けるとサークル運営の多くをTに頼っていた俺たちは大打撃を受けることになる。
次の週はGMできる奴がいなかったので集まらないことになった。

結局、Tを除くメンバーで話し合い、NがTの所に謝りにいって、一応の一件落着。
プレイ中のNの発言が5割減、Tの語りが5割増になっただけで以前の状態に戻る。


と、ゆーわけで、
・ムギャオーしたT
・要らん事言ったN
・Nのセリフに内心では喝采を挙げつつもNに謝らせた俺たち
の3者を困ったちゃんとしてエントリーする。

168 名前: 143 2005/07/03(日) 03:06:43 ID:???

>>145

>今までなぜ誰もTに文句を言わなかったかと言うと、Nはメンバーの中の最古参で、

メンバー最古参はNじゃなくてTだった。

>Tを除くメンバーで話し合い、

こんな感じだった。
N「Tさんへそ曲げたの、やっぱ俺のせいだよな~」
A「いや、俺らが今まで言わなかったのが悪いんだけどね。よく言った!」
B「まぁ、あのときのみんなの声を代弁したってことで」
C「俺も今度から少しGMやってみるわ。TさんとNばっかだからな」
俺「なんかいろいろ頼っちまってるからな~。やっぱ場所の確保は急務だよな」
     ・
     ・
     ・ 
N「俺、Tさんに謝ってきますわ」
A「うーん、悪いね。一人で背負い込ませちゃって。Tに俺からもなんか言っておくから」
C「いいんじゃないの?ちょっと冷却期間置いてさ、D(俺)も場所探すっつってるし、少し
Tさん抜きでやってみたら?」
俺「でも一応は関係修復しておいたほうがよくね?俺もNは悪くねーと思うけどさ、やっぱ
後味悪いじゃん」
N「俺も言い方がアレだったしな。怒らせたのはまずかったですよ」
B「でもさ、Nが謝ってTさんが機嫌直したところでもとの状態に戻るだけじゃないか?」
ABCN俺「・・・・・・」
N「まぁ、とりあえず場所のこともGMのこともありますし、俺、Tさんとこ行って来ます」


後出し情報ですまん。


スレ75