矛盾点指摘PL

74 名前: NPCさん 2005/07/23(土) 09:25:40 ID:???

困ったチャンかは疑問だが、一応「コイツには油断できないな」ってタイプのPLの話を。
カジュアルプレイでの話ね。

敵地に潜入してNPCを救出する、という場面。発見したNPCは執拗な尋問・拷問を受け
心身共にボロボロ。ここでついついDM(俺)がうっかり「HP残り1って感じだね」などと
解りやすい説明のつもりで軽~く言ってしまったわけだ。早いトコ何とかしないと、と。
で、先ずは脱出という事でNPC連れて逃走。

次の場面、脱出を阻む敵NPCとの戦闘。これがシナリオのシメなのでちょいカッコ付けて
「敵が起こしたカマイタチでPC達の腕や脚などに浅く裂傷が」などと演出。強敵だぞ、と。
ここで件のPLが発言。

「マスター、その傷って全員?」
「うん。あ、回避する? 」
「いやそうじゃなくて、それでNPC死亡だよ」
「…え?」
「HP1なんだろ? で、傷入ったんだから最低でも1ダメだろ。それで死んだよ」
「いやいや、それはね」
「だって誰も回復させてないし1のまんまだろ。死亡確定」

「いやいや、HP1ってのも今の傷も単なる演出だろ?」と他PLが言ってくれても聞かない。
後で困るようなら具体的にHP1とか言うなよ、とせせら笑うだけ。
別に本気でそう思ってる訳ではなく単なる揚げ足取りなんだが、上記の例以外でも
「そんな事やってると“こンのセクハラエロ坊主!”と壁が崩れる程の強打でツッコまれたぞ」
「え、ダメージ何点? そのクレリックHP低いからそれで死ぬ可能性があるな」
などというどーでもいい場面にまで得意気に絡んでくる。
“矛盾点を指摘”すればそれで気が済んで引っ込むのでプレイ進行の障害には
ならなかったが、周囲の他PLも割と辟易してた。以上、小報告。懐かしい話だなぁ。




スレ77