邪魔な人間を斬りながら進みます

25 名前: NPCさん 04/02/03 11:24 ID:???

ブレカナやってると何故だか知らんが視点が殺戮者に近いPCが周りに多くなってな。
そんなのに国民の命が懸かってる!!とか。罪も無い人々が操られて襲い掛かってくる!!とかやっても。
「斬る。」
だったり
「燃やす。」
だったり
「∵紋章∵で逆支配。殺戮者を襲わせる」
とか。

漏れが見た極めつけは。
殺戮者が人が沢山いる広場で宴宣言。逃げ惑う人々。人の流れに逆らって殺戮者に迫る聖痕者。
というGMの想定を無視し、「邪魔な人間を斬りながら進みます」

26 名前: 聖マルク 04/02/03 11:30 ID:???

>>25
笑顔で逆位置の鎖を1、2枚渡して奇跡使って束縛起こせ。

28 名前: NPCさん 04/02/03 11:37 ID:???

>26
モチロン!!以前から問題のあるPLだったから、ここぞとばかりに
「まず、町に来た時に案内してくれた男の子をバッサリ袈裟切り、次に赤ん坊抱えた母親を諸共両断・・・」
とか言ってやって、逆位置3枚&奇跡を食らわせましたよ。余りにも酷いんで。

29 名前: NPCさん 04/02/03 12:00 ID:???

これはPLの人格の問題でPCの問題ではないと思うね
だってあらかじめ根回ししておけばそういう演出もできるもの
その根回しが足りなかったのが困ったちゃんの敗因と思われ

それに>>25はPCを鋳型にはめるような行為を強制して
PLのイマジネーションの飛躍を許さない悪のGMかもしれない

そもそも相手はエキストラで舞台装置の一つに過ぎない
芝居で途中に小道具を壊すシーンがあっただけとも言える

ブレカナにおけるPCの思想は様々
殺戮者を倒すために大きな被害が出ても構わない奴もいよう
殺戮者を倒すために他人を利用する奴もいよう
目的と手段が転倒するまでいったらそいつが殺戮者だが
目的のための手段である内は一概に非難はできない

60 名前: 29 04/02/03 14:59 ID:???

「殺戮者を殺す事こそ自分の使命と考えていて一般人にはとんと無頓着な男と
聖痕者を殺す事に無上の喜びを見いだしている魔剣のコンビ
割と堕ちかけ(【希望】初期値が7だか8だか)」というPCを受け持った事があるのだが
このPCのPLはとても根回し上手だった

「ちょっと邪悪っぽいキャラクターをやりたいのですがいいですか?
駄目なら他のキャラクターにしますが」と了解を取り付けてからキャラ作成
開始時には「迷惑かけるかもしれませんがよろしくお願いします」
その他諸々のゲーム上のリスクは全て背負った上できっちり演じてくれた
おかげでセッションはとてもうまくいったものだった
殺戮者の死体をぐちゃぐちゃに切り刻んだりさせてたのはこの際見なかった事にする

その人のPCは一般人数名を巻き添えにして戦ったりとやってる事のレベルは>>25のPCと変わらん
だが一方は上手いPLと評価されもう一方は困ったちゃん認定
この違いは根回しと態度の違いだと思うわけだ

ブレカナのプレリュードはGMとPLの意思疎通とやりたい事のすりあわせをする事になっていて
シナリオ因縁を渡すなどはその一つの手段に過ぎないのだが
>>25はそれ以外の方法による意思疎通がやや足りなかったものと見受けられる
だから俺的かっこよさが自己完結したPLの暴走を引き起こしてしまったと


スレ8