BGM番長

419 名前: NPCさん 2005/11/20(日) 23:34:09 ID:???

じゃあちょっとしたプチ困ったちゃんの報告を。

俺のいる鳥取には、ちょっとRPかぶれの仲間がいた。
ある日、いつものようにそいつがGMで番長学園を楽しんでいたとき、
シナリオのクライマックスに合わせて部屋のコンポから曲を流し始めた。
酒に酔っ払っていたこと、メンバーの一人のマンションで騒音の問題が少ないこと
たまたまいい出来のシナリオでクライマックスに感情移入できたことなどから、BGMは望外の好評を俺たちによって得られ
その日は実に充実した気分で帰った。のだが
その日以来件の彼は「誰がGMをするどんなシステムのゲームのどんな場面であっても」無理やりBGMを流し始めるようになった。
「なあ、これよくね?」だの「おれはこのNPCにはこれがいいと思うんだよね」と、
場所も雰囲気も弁えず、まるでどっかの漫画の押しかけソムリエのように勝手に決めては大音量で流し始める。
最初は笑ってた仲間も、笑い→苦笑い→苦々しげな顔と徐々に変わってゆき
ある日公民館で流し始めようとしたときについに一人が文句を言った。
すると彼は案の定ムギャオーし、
「なんで最初はよくて今は駄目なんだ?単に飽きただけじゃないのか、行動が首尾一貫してない」などと周囲に向かって叫びだし、
結局公民館の職員さんが何事かと見に来る騒ぎになってしまった。
以上、終わり。その後彼はセッションに呼んでも刺々しい揚げ足取りしかしないか、そもそも地蔵と化すかという行動を取り続け
最終的に放逐されてしまったが、最後の捨て台詞
「おまえたちみたいな偽善者には反吐が出るよ。同じ行動を貫くこともできず、自分たちに都合の悪い人間はすぐ排除するんだからな」というのと
説得も罵倒もせずに生ぬるい視線で無視してた鳥取連中の対比がちょっと印象に残った。




スレ85