フライパン流打撃術 ポーラ

20 名前: NPCさん 2006/03/09(木) 20:09:11 ID:???

「私、フライパン流打撃術の使い手なんです!」

俺含めた全員、耳を疑った。システムはSW、オレクラストとは言え無論そんな設定はない。
低レベルキャラメイク、PC間役割分担を話し合い、
そいつ(以下、ポーラと仮称)が戦士と決定した後飛び出した台詞だった。
ポーラはGMにとうとうと設定を語り始める。 俺達は嫌な予感を抱きつつキャラメイクを続ける。
そして、GMとポーラの泥仕合が始まった。

GM「じゃあ、フライパンはクラブ相当のデータで」
ポーラ「えー!? クラブだなんて弱すぎます! 金属なんだからメイスでしょう!?」
GM「メイスは金属の上に棘がついてるし、殴りやすいよう最適化された武器です!フライパンは調理器具でしょう?」
ポーラ「私のフライパンは特別性で、料理にも使えるし武器としても凶悪なんです!だからメイス相当!」
こんな調子で延々とフライパンの武器としての特性、武器に適したフライパンはどうだとか延々論争が続く。
いかに有利にしようかとするポーラと、いかに弱くしようかととするGMの戦いは30分以上に及んだと思う
最早、データがどうこうとか言うレベルを忘れてヒートアップする二人。
GM「フライパンが最強だったら皆フライパンを使うはず」
ポーラ「だったらフライパンを最強にして騎士団の武器もフライパンにすればいいんですよ!」

結局、「他の武器を選んで戦う俺の立場が無いので、同じぐらいにしてくれませんか?」と何とか宥めて、
ポーラの特製フライパンは最高品質クラブ相当の金属製品辺りに落ち着いた。
シナリオ始まる前からぐったりと疲れた俺。

こんな、遠い昔の困ったちゃんのお話
確か、シナリオ中もGM対ポーラは続いた…はず

22 名前: NPCさん 2006/03/09(木) 20:17:06 ID:???

>>20
お疲れ様。
二人の対決は大変だったろうけど、GMを恨んじゃいけないよ(恨んでないと思うけど一応)。
ここでGMが引いたらどうなってたかは、過去にいくらでも例があるからね。

25 名前: NPCさん 2006/03/09(木) 20:21:23 ID:???

「じゃあ相当品で」と言えば2秒で終わった話だな


27 名前: NPCさん 2006/03/09(木) 20:29:59 ID:???

ブロブだしておしまいだな。


43 名前: 20 2006/03/09(木) 21:04:11 ID:???

>>22
GM側は怨んではいませんよー。
ポーラ(仮名)は確か、かなり無茶言ってたはずなんで。
GM以外にもこっちにも実害が来たような覚えがあります。

>>25
ポーラ「特製のフライパンなので高品質のメイス相当で」
ポーラ「クラブ扱いならせめて+1のクラブ相当で」
最初はどのレベルの相当品扱いにするかで揉めてた、と思うんです。

>>27
ブロブ・・・あー、ええと・・・うん
ちょっとその件については思い出せたので後述してみようかと。

44 名前: NPCさん 2006/03/09(木) 21:05:29 ID:???

>>20=43
後出しはよくないと何度言えばわかるのか。ぷんぷん。


45 名前: NPCさん 2006/03/09(木) 21:05:59 ID:???

>>43
で、価格は幾らだったの?
それによってはみなの判断も変わってくる可能性が。
メイス相当の金を払うのと
調理道具の一部扱い、とではね。

52 名前: 20 2006/03/09(木) 21:12:25 ID:???

>>44
ごめん、俺も困ったちゃんだな

>>45
最上質クラブ相当でお金支払わせて、特別と言う事で更に少し値段を加えたと思う。
一応、両者ともその辺で納得してくれた・・・はず。

後出しで叩かれるの覚悟でポーラ対GMのシナリオ中の顛末を書いていこうと思う


92 名前: NPCさん 2006/03/09(木) 21:59:01 ID:???

実際のシナリオ中のGM対ポーラ。とにかくGMはフライパンを何とかしようとしていた模様。

キャラ同士の自己紹介。ポーラの長い設定紹介が再度始まり、聞き流す俺達。
俺達も単発予定で低レベルのシナリオゆえ簡単な設定をつけつつ自己紹介していく。
が、ポーラはそれにひたすら文句をつけてくる。
曰く「不自然だ」「ありきたりだ」「そんなものじゃGMのシナリオの助けにならない。非協力的だ」
青筋立てつつも流す俺達。
GM「設定を作りすぎて、PCの動きを束縛したら困るでしょう?」
ポーラ「そんな二流な事は私しませんから!」
とか、そんな感じで場外乱闘してた・・・と思う。

で、シナリオ中の出来事その1。ブロブが出て来る。
セージレベル低いため、全員知識判定に失敗。
ポーラ「なんだか嫌な予感がするので戦いません!」
パーティ内の戦士の役割だとか皆で説得するも、がんとして譲らないポーラ。
鎧は革鎧だったはずだから、まだマシなんだけどな。
真面目に俺は戦った。結果、幸い当時にしては高価なチェインメイルは溶けずに済んだがバトルアクスが溶ける。
ポーラ「あーあ、だから言ったのに」 とか言われた気がするが最早気にしない。
予備の武器で戦闘し、次の戦闘辺りで雑魚山賊の持っていた何故か必要筋力丁度のバトルアクスを徴発して事なきを得る

シナリオ中の出来事その2。ポーラの必要筋力にぴったりの+1の魔法の片手剣が出て来る。
ポーラ「えー? フライパンじゃないなら要りません。何よりこの世界の片手剣って弱いし」
仕方なく必要筋力は余るものの俺が一時的に使用する事に。
ポーラ「戦士なのに愛用していた武器を使わないんですか? 武器を大切にしないなんて二流の証ですよ!」
がっくり来ながら何とか傭兵らしいロールで返したと思う。
戦士としてパーティ内での役割を果たす事を優先したいだのどうのこうのだったかな。
説得できたかどうかは覚えていない。

94 名前: NPCさん 2006/03/09(木) 21:59:32 ID:???

シナリオ中の出来事その3。GM、業を煮やしたのか強引な方法でPC全員山賊に囚われ、武器を奪われる。
チャンスを見つけて脱出し、山賊の武器やら奪い取って反撃を試みようとする・・・が、ポーラがゴネる。
ポーラ「フライパン以外の武器は一流の戦士として使いたくありません!」
何とか説得してせめて防御専念で壁になって貰う事には成功。
苦労しつつもボスらしい相手を倒してミッション終了、一部を除いて装備も取り戻す。
魔法の剣と特製フライパンは売るつもりで持って行かれたとかで、ありませんでした。

ひたすらぶつぶつ言うポーラ、フライパンを取り戻しに行くから着いて来て欲しいと言うも、拒否する皆。
一応仲間なんだから見捨てるのも寝覚めが悪いなぁと思って同行を宣言した俺。
とりあえずそこでシナリオ終了。もちろんポーラはずっと不満顔でした。

と、多分こんなぐらいだったと思う。シナリオはかなりグダグダになったはず。
説明もぐだぐだの上、後だしでごめん。
GMも俺もポーラも全員困ったちゃんということで・・・
以上報告でした

97 名前: NPCさん 2006/03/09(木) 22:01:30 ID:???

>>94
よく最後までやったね…
コンベだよな?

俺がプレイヤーにいたら、即効蹴り入れるかも試練

111 名前: NPCさん 2006/03/09(木) 22:14:22 ID:???

>>97
小規模サークルで、入会するかどうか判らない新規者の方々を
歓迎するお試しセッションだったんです
ポーラ氏は新規者です。

そういえばごぶり子もフライパンが武器だったな。
アナやポーラじゃなくて仮名はそっちにすれば良かったか

113 名前: NPCさん 2006/03/09(木) 22:15:10 ID:???

でもGMも相当陰険じゃない?
一度許可したのにスルーせずにねちねち取り上げようとしてるし。
フライパンは奪っても、バトルアックスはすぐに補充させてるし。
そういう嫌な雰囲気が、余計にPLを不満にさせたのかもよ?
(他人の自己紹介にケチつけてる時点で相当アレだが)


114 名前: NPCさん 2006/03/09(木) 22:16:08 ID:???

>>111
つまり件の人物はお断りしたわけですな

119 名前: NPCさん 2006/03/09(木) 22:20:43 ID:???

>>114
このスレ的には残念な事に、その通りです。

ポーラ氏は自主的に入会しないと言ってました、皆ほっとしていたと思います。
入会希望しても、お互いのために多分やんわりと断ったと思いますけども



スレ92 MKP