あるGMへの愚痴

988 名前: 1/5 2006/04/03(月) 23:22:18 ID:???

あるGMについて愚痴ります。オンセです。ちょっと長いです  

このGM、自分のスタイルを貫く方向性があり。  
それでセッションがスムーズに行き、PLが楽しめてればいいけど  
スムーズに行かず、他のPLの発言(オンセ)もほとんどなく、行動方針もなくという状況。  

PCが行動を起こしても、用意したシナリオの中にある行動と一致しない限りはすべて潰す。  
しかも、潰し方が下手で、PLに伏線と匂わせるようなやり方をする為、空振り一つで一時間から二時間使用。  
なにをやらせたいのかさっぱりPLには意図をつかませず、毎回なにをやっていいのかわからない状況。  

セッション開始直後  
GM:「町にいる。さぁ、行動どうぞ」  
俺:「はい?」  
それぞれ、なにをしたらいいかわからずとりあえず色々行動するが  
GM:「なにもない」「特に見つからなかった」「その日の生活費くらいは稼げるかもね」  
なにをしても、空振り。  
GM:「そうして三日が経ったある日、君達が広場に集まっている時」  
俺:「え、私のキャラは前日に引き続き守衛所の所で賞金首の情報を探してるんじゃ?」  
A:「僕は宿で内職だと思う」  
C:「わたしは今日は王宮じゃ」  
GM:「却下。君たちはなぜか、広場に集まりたいと思って集まりました」  
俺:「・・・・」(それなら最初から広場に集まっている所からスタートすればいいじゃん。なにこの一時間半は)  

セッション中  
ケース1  
俺:「ぶっちゃけ、なにをすればいいの?」  
GM:「それを調べるのがPLでしょう」  
俺:(時と場合によるんだがなぁ)  


989 名前: 2/5 2006/04/03(月) 23:23:21 ID:???

ケース2
俺:「この戦闘の後、戦闘はありますか?」
GM:無視 (セッション後):「まだ戦闘があると匂わせたかった。見事に成功した」
俺:(わけわかんね。それで戦闘が長引いたやん)

ケース3
GM:「その瞬間、君は切られる」  
俺:「は? 一体どうやって、誰が?」  
GM:「君の背後には、いつの間にか剣を握った敵がいる」  
俺:「ダメージは? 闘えるなら切り返す」  
GM:「それは出来ない。君は油断していた為、反応が出来ない」
俺:(このタイミングで演出負けイベントかよ。クライマックスだぜ)」
以後、この手の強制負けイベントが何回もある。

ケース4
GM:「その一撃でそいつは倒れた」  
C:「他に敵がいないか、警戒しておきます」(上のケース学習後の行動)  
俺:「魔法詠唱継続中」
GM:「戦闘が終わリ、緊張の解けた瞬間の油断を狙われた。君たちに向けて(以下略)」
C:「え?」
俺:「は?」
以下、GMのPC強制心理操作及び強制負けイベント発生
C:「あの、警戒してたんですけど」
GM:「あ、そ。それじゃ、普通によけてもいいよ。目標値○○○ね」べらぼーに高い数値
C:「クリティカルしてもよけれないし。もういいです」
俺:(またこのパターンか)


990 名前: 3/5 2006/04/03(月) 23:24:15 ID:???

セッション後
ケース1
俺:「あの場面、飛ばしてもいいんじゃ? こちらからなにしてもイベントが起こらない、ただ時間が過ぎるのが正解のシーンなんて、無駄ですよ」
GM:「無駄じゃないと思いますよ。その間、何もしないわけじゃないでしょ」
俺:(何かあると思ってるから行動してるんだけどなぁ。その為にシーンを用意したとみんな思ってるやん)
A:「何もないことがわかりましたね」
GM:「そうそう」
俺:(それ、皮肉だよ。気がつけよ)

ケース2
俺:「あの時どうすればよかったの?」
GM:「○○が正解」
俺:「え、でもそれをする為には、××の情報がないと。もしかして俺、見落としてた?」
GM:「言ってない。△の時にA(他のPL)にどうするか聞いたでしょ。」
A:「あの場面の行動は、それも含んでいると思ったんですけど」
GM:「明確に行動宣言してませんよね」
A:「そ、そうですね」
俺:「情報って言っても、こちらから行動を起こさないと手に入らない奴と、自然と耳に入ってくる奴の二種類あると思いますよ。聞けばすぐにわかる系統の情報は後者では?」
GM:「でも明確に宣言してませんよね?」
俺:「や、だから特定の人物に聞かないとダメな情報ならともかく、その辺の人に聞いたらわかるような情報なら自然と耳に入ってきてもいいんじゃ?」
GM:「宣言してませんから」
俺:(それでミッション失敗かよ。指針も示さず、救済も一切しない。イベントも起こらない。PCの行動潰してそっち関係はシロだと思わせておいてそれかよ)
A:「GM、厳しいっすね」
GM:「これが私のやり方ですから」
俺:(厳しいんじゃなくて、それは下手だ)「GM.その場合、自分の意図を伝える為に、○○や××などやった方がいいですよ」
A:「あ、それならどうすればわかりましたね」
GM:「必要ないでしょ。」
俺:「・・・・・」


991 名前: 4/5 2006/04/03(月) 23:25:00 ID:???

ケース3
俺:「これって、なんでそう行動するに至ったんですか?」
GM:「実は、こうだったんですよ(裏設定公開)」
俺:「それって、あの状況下でPCが知り得たんですか?」
GM:「わからなかったでしょうね」
俺:「それなら、GMの意図した方向に進むのは難しいですよ」
GM:「そんな事はないでしょう」
俺:「・・・・・」

このGM、時間がかかった事は全然気にせず。
セッションの終了時間を聞いていていた関係で終了時間を決めていたが最初に二回くらいでセッションの終了時間が記載されなくなる。
こちらの可能時間は事前に伝えておいたはずなんだけど(朝の3時が限界)、もう無視して
終了時間が5時とか6時とかになる。途中休憩一切なし。
3時くらいになると、俺以外のPLが寝落ちしてそいつのPCがきりの良い所までNPCにして進む。

ミッションの失敗を含めて、俺の指摘する部分は全部PL達の行動に問題がある。
なんて、自分の用意したシナリオの行動を行わなかったことに問題があるような口ぶり。
GM自身の反省点もなければ、俺含め他のPLの改善案に耳を傾けず。
しまいには「ああ、そういうマスタリングもあっていいんじゃないですか?」なんて履き棄てやがる。
セッション終了後「じゃぁ、反省会しましょうか。わたしの反省点としては」と、まずは自分で反省点を切り出すも、
このGMから具体的な反省点は一つも出ず。でる反省は「時間がかかってしまいましたね」「予定の時間に終わらなかったですね」
なぜ終わらなかったのかの検証すらしないので、毎回同じミスを繰り返す(ミスと思ってないからどうしようもない)


992 名前: 5/5 2006/04/03(月) 23:25:44 ID:???

自分のやり方を貫き、人からのアドバイスを聞かずに自身で道を切り開く精神は立派です。
ですが、もっと謙虚なマスタリングしてください。
貴方のスタイルはあなたには価値があるかもしれませんが、他人にはあなたが思うほど同様の価値は無いということに気が付いてください。
他人にとっては、紙くずより価値が無いと意識して、セッションを行ってください。

情報の出し方が下手すぎます。
伏線の張り方も下手すぎます。
自動負けイベント多すぎです。
もうちょっと、煮詰めたシナリオにしてください。
吟遊詩人GMになりたくないなら、マスタリングを見直してください。
参加を促されて参加したのに残念です。
状況が改善されるまで、当分の間はあなたのセッションには参加しない方向でいきます。

数年ぶりにこのGMのセッションに参加したけど、ぜんぜん成長してないし。
その間、相当数の数をこなしてるはずなんだけどなぁ。

ちなみにこのGM、ぶっちゃけが通じません。



少し、すっきりしました。どうもです。




スレ94