スイッチ押す度にマスターシーン

129 名前: NPCさん 2006/05/27(土) 22:20:51 ID:???

システムはD&Dでダンジョンアタックで遭遇した吟遊詩人。
PCが全員、ふと気づくと装備なしで知らないダンジョンに放り込まれているところから始まった。
ダンジョンは正面と左右に扉がある部屋が延々と続き、左右の部屋のスイッチを押すと正面が開いて次へというもの。
しかしスイッチを1つ押すたびに、マスターシーンが入る。
マスターシーンは、スイッチがきっかけで災害(魔王の封印解除とか火山噴火とか大地震とか)が起こり、
たくさんの人々が死んでいくというもの。子供をかばって母親が死に、さらに子供も死ぬような嫌な描写もあり。
さらにそれを空からDMのPC(パラディン。何の説明もなく背中に翼が生えている)が見下ろし、
「愚かな…命を自分のものと愚考する卑小な存在よ、信念の内なる対話なくして存在はありえないというのに」
「輪廻の中にある物語にも気づかず、世界と向き合う意味を持たぬ弱者が!」
などと小説家ワナビーが書きそうなセリフてんこもりの独白をする。思わずメモしておいた俺も性格が悪い。
ダンジョン内ではそういう説明も描写も一切なかったし、PC的に気づく方法を教えろとDMに言うと
「気づく方法はありません。スイッチを押さなければ餓死するだけです」
そうですか。結局、ノーマルな武器以外の装備を拾えないまま最後の部屋へ。
DMのPCが「永遠なる世界の裁定者」と名乗りながら出てくる。
貴様らが何人殺したと思ってる、とか説教を食らうが、PC的にはただの電波が絡んできたようにしか見えない。
DMのPCも「お前らは殺さないとダメだ(要約)」と言うので戦闘。意味不明な範囲攻撃でPCは1ラウンドで全滅。
セッションが終わってPL全員で口をそろえて聞いたことは「テメー何に影響されたんだ!?」でした。
次のセッションでは、PL全員が、「永遠なる世界の裁定者」という通り名をつけた妄想系キャラを作ってちょっと厨返し。
ダンジョンの壁に欲情する女「永(ry」とか、ドーナツの穴は喪服の未亡人だらけの次元界に繋がってると思ってる「永(ry」とか。



168 名前: NPCさん 2006/05/28(日) 01:35:55 ID:???

129です。
適当にレスってみる。
・DMが何に影響されたか
→ブギーポップとネット上のリプレイ。読んでみたが、プレイ中にはなかった敵シーンなどを小説風に入れて読み物としてまとめてあった。
 ちゃんと注意書きはしてあったが読み落としたらしい。
 そのリプレイが格好良くて面白かったため、「俺もこういうのやりたい」と思って明後日方向に日の出暴走した。
・なんでDMのPCか
→格好いいNPCを出したかったが、いい設定は自分のPCに盛り込んでしまった。(注:俺らは知らん設定。奴の脳内のみ)
 どうせならPC使っちゃえ!そしたら他の誰かが設定を拾って活躍させてくれて2倍おいしい!と思ったらしい
・面子
→カジュアル。全員引き気味の半笑いでプレイ。普段はアホセッションが多いので耐性はある。
 普段のノリだと、ボタンを押すと、実家のエロ本が母ちゃんに見つかる、とかそんな感じ。

後日談としては、厨返しセッションのあと、みんなで「もうちょっと俺らも笑わせろ」と冗談半分で諭したけど
俺のすばらしいストーリーが、例のリプレイでは認められてるのに何でと納得しなかった。
そこでリプレイ書きの上手な友人に「手段は問わないので格好良く仕上げて」と飯をおごりつつ依頼し、
俺らが普通にやったシティシナリオをラノベ風の格好いいリプレイに仕上げてもらった。
ブレカナ風のカラーイラストまであちこちに付いている豪華版だ。
そのリプレイ中では、奴の地蔵パラディンは背中で語る勇者になり、俺の三下負け犬ローグは人情あふれる渋い苦労人になり、
ワガママ小娘ウィザードは天真爛漫な天才魔法少女、色欲クレリックは愛と信仰で揺れる真摯な神の使徒に。
それを奴に読ませ「な、わかっただろ。プレイとリプレイは全く関係ないんだ」と言い聞かせてなんとか納得したっぽい。


スレ101