襲撃計画を練るサークル

242 名前: NPCさん 2006/06/15(木) 22:55:34 ID:???

凄い豊作ですね、今スレは、
小ネタですが、

大学に入ってすぐのこと、
パンフレットでTRPGで遊べるサークルを3つ発見、その内、一つのお話。
そのサークルの説明会に行くと新入生は、私ともう一人の二人だけ、
他のサークルでは、和気藹々として、上級生も親しげに声をかけてくれて、
役員の自己紹介、活動時間と場所の説明に、
現在、主に遊ばれているゲームを教えると言う段取り、
しかし、そこは、上級生が入試の面接のごとくコの字型にテーブルを並べ、
イス(テーブルなし)に座った私たちに、自己紹介をさせ
(結局最後まで、上級生は名乗らなかった)
遊んでるゲームを聞き(その後で、それをけなし)、
内輪で(新入生をほったらかしにして)雑談をし、
他のサークルに対して「説明会の日時を重ねるのは俺たちを潰す気だ」
などと文句を言い合い(ついでに悪口も)、
リアルで襲撃計画(数人で待ち伏せして・・・)まで。
もう私は怖くて沈黙状態に、
もう一人の新入生は、調子よく口裏を合わせて、
最大手のサークルにスパイとして潜り込むとか痛いことを言っていた。
結局その後、最大手のサークルに入ったけど、もう一人の新入生も
そのサークルの人も見かけることは無く、次の年のサークル一覧からは消えていた。
もし、あの大学にあのサークルしかなかったら、
今頃、私はTRPGをやっていないだろう、というわけで
実際に一緒に遊んだことは無いけれど、
TRPGの普及を阻害していた彼らは間違いなく、困ったちゃんだと思うのです。




スレ103