チャーハン

862 名前: 1/2 2006/09/07(木) 13:33:26 ID:???

先日のコンベでの話。

好きなシステムで、GMも当りっぽかったので卓選ぶと、そこに困ったちゃん臭のするPLがいた。
見た目や服装は横に置いておくとして、喋るのがとにかく早口高音で、人の話中に割って入り「もっとすごい事がありましたよ」とか言いつづけるPLだった。
で、これは危ないなと思い開始時にGMに席替えを要求。お誕生席方式だったので、ルールを知らない事を理由に初心者だというPLを二人をGMの傍にもって行った。
ついでにGMから一番遠い席でオレは、その困ったちゃんの話を聞きつづける事で、気を引いて初心者のキャラメを邪魔させないようにしておいた。

で、ハンドアウトが渡され、オレと初心者と困ったちゃんが同じモノを希望した。必死で説得をはじめる困ったちゃん。「主人公は、初心者には難しい」そうだ。オレには違うハンドアウトが似合うからと薦めてくる。
で、この男に、そのハンドアウトを渡すことに危険を感じたらしいGMの提案で、ジャンケンで決めることに。ここでオレに決定し、困ったちゃんからプレイ中に執拗に邪魔される事になるけど置いておく。




863 名前: 2/2 2006/09/07(木) 13:34:29 ID:???

そして、キャラメが半分くらい終った時点で、スタッフが二人やってきた。
片方が「募集より、一人少なかったですよね。スタッフプレイヤーなんですけど、一人入れてください」と言うと、もう一人が無言で席につく。完全に椅子にもたれかかって、半分ズリ落ちそうになりながら、黙って斜め30度下くらいを睨んでいる。
立っているほうのスタッフが「この人、TRPGは初めてなんでよろしくお願いします」と言って去っていく。
以降、このスタッフは、この姿勢のまま、セッション終了まで無言だった。
話し掛けても返事しないんで、GMも無視していた。

そして、キャラメが終って、昼食休憩へ。
「みんなで昼ご飯でも食べに行きましょうか」のGMの声を無視して、気が付けばどこへともなく消える地蔵スタッフ。
近所のラーメン屋に行くと、みんなの注文を聞き終わった困ったちゃんが「他の人より、ボクが一番たくさん食べますよ。ボク、食べる量が多いんですよ」と燃費の悪さを自慢しながら、無理な量を注文する。
案の定、食べきれそうにないところで「ほら、無理だったでしょう?」と聞いてやると、目に涙を溜めて、ヘンな汗をかきながらチャーハンを口にかき込んでいた。

セッション中も前半2時間くらい静かになったので良かった。

セッション終了後、地蔵スタッフは、アンケートを書きもせず、回収もせずにいなくなった。

929 名前: 862 2006/09/07(木) 17:19:18 ID:???

仕事中だったので、申し訳ない。
というか、この後も仕事なので、簡単に。

>無理矢理食べさせた

食べさせてないです。勝手に食べたの。
むしろ、こっちは引いた。

ちなみにピザデブではなく、小柄なやせ気味のメガネで、汚い横じまのポロシャツ。

>困ったちゃんは何をしたのか

(1)とにかく人のプレイに口を出す。
誰かが何かをするたびに、キャラシに書いてある事通りに行動しろ、書いてないことはするなと言い張る。

例:「食べ物に関する特徴がないんだから、食事シーンにあなたのPCの描写は要らないでしょう」「あなたは寝るのが好きで、ずっと寝てるから、このシーンは出て来れないですよ」

(2)女NPCが出てくると無条件に絡みに行く
(3)オレのPCに回復と補助はしなくても大丈夫と周囲に言い張る。

あとは、雑談になると、「自分のほうがもっとすごい云々」を連呼。

>終始無言て、ダイスすら振らなかったのか?

それ以前にキャラシートに字すら書かなかった。

以上、かいつまんで。

930 名前: NPCさん 2006/09/07(木) 17:22:22 ID:???

>>929
それを最初の報告で書かんかい。

あと、スタッフがねじ込んだPLならそのスタッフに文句言えばよかったのと違う?


931 名前: NPCさん 2006/09/07(木) 17:27:04 ID:???

>>929
あと出し以前にそれが本文じゃねえか!


932 名前: 862 2006/09/07(木) 17:29:37 ID:???

www


933 名前: NPCさん 2006/09/07(木) 17:34:10 ID:???

しかし、1卓に困ったちゃんが3人て凄いな。
厨引力タンでも居たんだろうか


940 名前: NPCさん 2006/09/07(木) 18:19:54 ID:???

特徴云々はガープスなら正論
他なら困ったちゃん
スタッフのはいわゆる地蔵プレイヤーを超越したストライキか何か



スレ111