病気の子供はいなかった?

710 名前: NPCさん 2006/09/18(月) 01:44:32 ID:???

後出し回避でなるべく詳細に書くので長めだが勘弁。
システムはシャドウラン。PCは以下の3人。

A:ドワーフ傭兵、亜人の地位向上と人間との共存をめざす活動家
B:トロールギャング、脳味噌筋肉でパーティ内ではAの弟分
C:人間コンバットメイジ、Bが所属するギャングボスとつながりをもつ

溜まり場のBARでたむろっている所で、Bはギャングボスに呼び出されて出て行った。
Aは頭が弱いBのお目付け役をギャングボスから頼まれていたが、
当のボスに呼び出されての事なのでまあいいかと単独行動させる。
後から考えると、これが全ての間違いの元だった。

Bはアジトで、ギャングボスの所へBを尋ねてきたという若い女性に会う。
彼女はPCがコネを持つ引退した企業家の元部下で、彼からBの存在を聞きつけ
何とかランを引き受けて欲しいとすがってきたらしい。
なお、依頼は厳重に密閉されたアタッシュケースを一週間守り通すこと。中を見てはいけない。
それをやり遂げれば、一週間後には彼女がまた受け取りに来て報酬を出すという。
残りの2人はその場にいないし連絡を受けたわけでもないので発言は控えめだったが、
Bは彼女の名前だけ聞いてあっさり承諾し、依頼人を帰してしまった。


711 名前: NPCさん 2006/09/18(月) 01:45:50 ID:???

AとCは事後連絡を受けるが、そこで既にこのような疑問をもった。
・依頼人は名前だけで素性すら明かしていないが、信頼できるのか?
・ランナーに預けるような荷物、狙っている奴が必ずいるはずだが?
・依頼人をあっさり解放してしまったが、彼女が狙われる危険が大なのでは?
・一週間拘束が確定しているにもかかわらず、前金も無しはチト辛い。
・そもそもこのケースの中身は何よ?(これは訊いても教えてくれないかもだが)
・まさか時限爆弾ではあるまいな。  etc.

名前とコネの部下らしいという話だけを手がかりに、BARのマスターを通じコネに連絡。
その名の女性が部下としてついていたことだけは裏が取れたが、
そもそも依頼人が「その名の女性」かどうかという確証はまったくない。
スタート地点でのあまりの情報量の少なさに困り、ひとまず一週間逃げ延びることを画策。

廃棄された地下街へ潜りホームレスに紛れ込ませてもらうことに。翌日1人のホームレスが、
ある人からカバンを言い値で買うから受け取ってくるよう頼まれた、と言って接近してきた。
Aはカバンは渡すから、と前置きして頼み人のことをあれこれ探ろうとするが、
「渡しちゃ駄目だ!」と血相を変えて出てきたB(註:2m)にビビッてホームレスは逃走。
後を追うもドワーフの哀しさ、追いつけず見失う。


712 名前: NPCさん 2006/09/18(月) 01:47:24 ID:???

どうにかホームレスのねぐらを探し当て、巨人抜きで再度交渉。
こちらは3万新円(300万、言い値としてはちと安かったか)を提示。
Cは透明化して後を追いインテリヤクザ風の頼み人を視認するが、それ以上は行動に移せない。
帰ってきたホームレスから3万新円を受け取るが、ここでちょっと揉めたBは彼をKOしてしまう('A`)

隠密で頼み人に気付かれず接近しようとするA・Bだがこれは看破され、通常交渉に。
金は払った、望みとあればあと1万出すからカバンを寄越せというヤクザに、
交換の前に少しでも情報を引き出してチームの立ち位置を明確にしようと図るA。
ここで周囲を警戒していたBが知覚判定にファンブル。朽ちて突き出ていただけの鉄筋を
一行を狙うスナイパーの銃身と間違えてしまい、Aをかばうために飛び出す。
泡を食ったヤクザ男は「せっかく穏便に話を進めてやったのに、馬鹿め!」と逃走。

マスター曰く「紆余曲折は理解の上だが、世間的には君たちは哀れなホームレスに暴行を加え
交渉を持ちかけてきた相手を威嚇して金だけせしめた外道だ」

言 い 返 せ な い

なおこの次点で(情報0にも関わらず)終了予定時刻まで3時間を切っていたことと
マスターが、なぜこんな展開になったのか頭を抱えていたことを特筆しておく。


713 名前: NPCさん 2006/09/18(月) 01:49:00 ID:???

いらぬ騒ぎを起こしたことで地下居住者から排斥された一行は地下街を逃げるように後にし、
いくつかの隠れ場所を転々としながら、持久戦覚悟で盛り場の安宿へ潜り込んだ。
そこへ突如、BARのマスターから携帯に連絡が。「Webニュースを見ろ。これが精一杯の忠告だ」

『(依頼人)という女性の水死体が発見されました』

ヤッパリヤッチャッタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

調査したが、Bが会った女性と被害者は9割同一人物らしい。
この瞬間に手の内のアタッシュケースがほぼ「地雷」と確定した。
せめて中身を知るため、腕利きのデッカーを雇って錠を突破できないかチェックするが失敗。
安宿の一室で、今後の身の振り方を協議することに。

A:プロとしては悔しいが、タダ働きの上に早急に処分しないと俺たち全員の命が危ない。
B:いや、死んだのが依頼人とは限らない。いまさら違約はランナー仁義にもとる。
C:自分が企業人だったころのコネがメガコーポにある。頼んで処分してもらおう。

決断は実質リーダーのAに任された。意を決したAは後生大事にBが持っていたカバンを
半ば強引に取り上げ、「ここで待機しろ。俺にいい考えがある」と2人を説得。
まさか!という顔のPL-CとキョトンとしたPL-Bを置いて宿を出て行った。


714 名前: NPCさん 2006/09/18(月) 01:50:31 ID:???

これ見よがしにカバンを抱えて単独行動をすると、間もなくあの男が取り巻きを控えさせて接近してきた。
「やっとその気になったのか、何も言わずこの1万は受け取ってもらおう。カバンは渡せ」
「いや、実はその気はないのだ。金は返す」
どこからかスナイパーライフルの発射音が響き、絶命したAからカバンを奪っていく一団。

A:依頼は守れんかったが、これでもうBとCは狙われないで済むよね?
GM:まあ、そうなるかなあ。

2人が銃声を聞いたシーンを挟み、ここでマスターはシナリオを終了させた。
なおマスターのぶっちゃけ話によると依頼人は殺された女の姿を借りて偽装した企業工作員、
ヤクザ男はPCの存在を知った反勢力の工作員で、PCを諦めさせるため本物の女を殺したそうだ。
カバンの中身は、彼らの勢力の不祥事のデータだったもより。

セッション後の発言
GM:「予想外の展開で余裕がなかった。用意した情報が全く伝わらなかったのはある意味奇蹟」
A:「全く情報が入らないので焦って、とりあえず絵として美しく終わることだけ考えた」
C:「結末としては悔しいが、最後はうまく持っていかれた」
B:「俺、何か間違ったことをした?」

(#゚д゚)

一応フォローとして、gdgdな展開だったがセッションは楽しんだことを付け加えておく。


724 名前: NPCさん 2006/09/18(月) 02:28:20 ID:???

最後のAの行動だが金をもらってカバンを渡したらまずかったのかね?
結果的に殺されるにしてもわざわざ相手の申し出を蹴る意味がよくわからんのだが。


726 名前: NPCさん 2006/09/18(月) 03:14:34 ID:???

オープニングで、ボスがあえてBを単独で呼び出したのは
結局どうしてだったんだろう。

727 名前: 710 2006/09/18(月) 03:27:29 ID:???

後出しになっちゃうがこれは一応書いとく

>>724
コンベだったんだが、早めに終わって暇した他の卓の人が脇で見ていた。
その時に出た質問

観:安全にメガコーポに依頼しないで、バクチに出ましたね。
A:第三者に頼んで逃げて終わられたら、自分が観客ならスクリーンに物を投げると思ったw
観:カバンを引き渡さないで金を突っ返したのは?
A:一応自分では理想に燃える活動家のつもりでいたので、成行きとはいえ
  金を巻き上げてしまったのは心苦しかった。あれに手をつけると外道になると線引きしていた。
観:相手はビジネスに徹していたようだし、そこまで仁義にこだわっても。
A:ぶっちゃけ無残に死んで仲間を逃がす、がやりたかった。それまでが背後関係がつかめなくて
  ずっとモヤモヤしてたから、最後にショッキングなシーンを演じたいというわがまま。
  あんな態度を取られたら、もう殺さないと示しがつかないだろうし。

>>726
ちょっとわかりにくかったが、ボスは「Bだけが所属しているチンピラ集団の親分」であって
女がBにランを依頼するとは知らず、部下に引き合わせただけのつもりでいたからだと思う。
マスターは他のメンツ、特に目付け役のAの同席は許可していたがAがうっかりスルーしちゃったのは前述の通り。
あと、始まって最初のシーンであるため、Bが依頼に関する情報を全く集めないという
ある意味珍事を想定しきれなかったのかもしれない。


なんか読み返してるうちに病気の子供はいなかったような気がしてきたので
モノフィラメントウィップで首を吊ってくる。




スレ112