ラックは安全なところでないとかけられない

620 名前:1[sage] 投稿日:2007/05/20(日) 19:23:28 ID:???
話題に乗り遅れたが、GM強権で思い出したネタ。
システムはソードワールド旧版
面子は大学のサークルの面々
キャンペーンシナリオの続きをやろうと集まったのだが
欠員が多かったため部室に居たメンツを加えて漏れの同期生のAが
GMでソードワールドを初期キャラでやることに。
キャラメイク中先輩のBさんが金髪少女チャザ神官戦士(筋力はそれな
りだが生命力はやや低い)を作ったのだがそこで
A「そのキャラエルフの血引いてます?」
ハア?とか思いつつも話を聞いてみるとAは金髪はエルフの血を引いて
いないと生まれない、と思い込んでいたらしい。
ルーフブックを調べてみるものの当然そんな設定は無い
その場はAが納得して終わったのだが。漏れは少々不安になった。
シナリオ自体は離島にゴブリンが出たので退治してくれ、と言う
依頼を受けて行って見るとエイリアンもどきのオリジナルモンスター
だった、と言う内容。(つづく)


622 名前:2[sage] 投稿日:2007/05/20(日) 19:24:22 ID:???
何も起こらない船旅のシーン(船酔い判定つき、失敗すると
ゲロ吐くことになる)を長々とやったり
なぜか島民が食料を売ってくれないため自力で調達することになったり
したが、まあ困ったチャンとはいえないレベル。
だがエイリアンもどきの女王が居る洞窟に突入することになったとき
Bさんがラックをかけわすれていたと言い出した。だがAが
「使えません」と言い出したのだ。理由はラックは安全なところでないと使えないから(周りは森)。
Bさん「オリジナルルールを使うなら先に言え!」
Aは「これはルール解釈の問題です、たくさん有る呪文の全ての解釈を先
に言うことはできません」
モメたもののGM判断が優先と言うことでラックは使えないと言う事に
結局出目が良かったためBさんのキャラがダメージを受けることはなく
依頼を達成しましたが最後まで不機嫌そうだった。
以後Bさんは卒業までサークルに顔を出すことはありませんでした。
この場合困ったちゃんはAとB先輩どちらでしょうか?




スレ134