阻害くん

11 名前:NPCさん[] 投稿日:2007/11/06(火) 02:18:41 ID:jJAm/WCI
>>1
お疲れ様です。

あまり大したものではありませんし初めてのことで慣れない部分もあるかと思いますが、報告をひとつ。

今年の春、サークルの新歓コンベでの話。システムはデモンパラサイト。
デモンパラサイトのPCたちはあるウイルスに感染して超常的な力を持つ怪人へと変身するのですが、その時のストーリーでは全員その能力に覚醒する前の段階からスタート。
PCは構築済のものを使用、ハンドアウトで職業が指定されており、それぞれの知識と技術を生かして事件に立ち向かうという形。
GM紹介で、孤島を舞台にしたバイオハザード的なものだと説明され、興味を引かれて参加しました。
GMとPLの1人はサークルの方、新参加者は自分以外には二人。困ったちゃんは新参加者の片方でした。
困ったちゃんのハンドアウト職業は「自衛隊員」。怪人と戦う任務が失敗し追い詰められ、能力に覚醒するというOP。
GM「では君と部下達は、下水道を移動している。中の様子は…」
困「装備は何ですか? 自衛隊なら標準装備は○○(忘れたけど銃の名前)ですよね」
GM「あぁ、まぁ……詳しくないけど、そうなんじゃない? で、君達は警戒しながら…」
困「それと、自分たちの規模は1小隊ですかね。あと、隊列はこんな感じで…」
という具合に、GMの話の腰を折っては、細かい質問をする彼。質問したこと、たとえば銃の種類云々がその後ロールなどに反映されることもありませんでした。
(長くなってしまいすいません。続きます)

12 名前:NPCさん[] 投稿日:2007/11/06(火) 02:36:28 ID:jJAm/WCI
(つづき)
その後もGMや他PLの話の途中に割り込んでは、質問をしてくる彼。
GMも困り果てたのか、「質問する時は手を上げてからにしてくださいね」と言ったものの。
ほとんど常に手を上げている彼。凍りつく空気。ひくつくGMの顔。
しばしば質問で進行が停止したりしつつ、どうにかPTは島民の多くが避難している小学校へ到着。
外を闊歩している異形におびえる人々をなだめつつ情報を得る重要ポイントです。
PC1のレスキュー隊員が見せ場で活躍し、迫真の演技で島民の心をつかみました。
そこで、困ったちゃんな彼が一言。
困「PC1さん、喋りすぎじゃないですか?」(PL発言)
一同「…………。」
この衝撃にPC1プレイヤーさんが半地蔵になりつつ、最後は駆け足になりつつもセッションは終了。
自分は困ったちゃん以外のメンバーの雰囲気が楽しくてサークルに入ったものの、困ったちゃんは入らず。
しかし地元コンベではよく出没するようで。
そのセッション以来仲良くなったGMさんと「肝試しにコンベ行ってみっかww」と地元コンベに行ったところ、GMさんが彼と同席して凹んでいました。

長い上につたない文章でしたが、これまでROM状態で楽しませていただいた当スレに貢献したく報告させていただきました。

14 名前:NPCさん[sage] 投稿日:2007/11/06(火) 02:48:06 ID:???
乙。しかしむしろコンベでの出来事も書いてもらえたら嬉しいな

15 名前:NPCさん[] 投稿日:2007/11/06(火) 03:04:41 ID:jJAm/WCI
>>14
了解しました。
連投は迷惑かもしれませんし、彼関連の情報はGMさんから聞いた
情報のみですのであまり詳しくは書けませんが、報告させていただきます。

システムはアルシャードガイア。
彼以外にも、軽度の困ったちゃんが二人いたようです。
1人は、PC名がガンダムシードの主人公アスラン=ザラそのまんま。
キャラの言動もアスランそのまんま(詳しくないからよくわからなかった
そうですが)だったそうです。
もう1人は、PC1だけど地蔵。
地蔵であること以外にはあまり困った要素が目立たなかったそうですが、
夏場なのに厚着で帽子をかぶっていたのが自分も気になりました。
そして11,12で報告した困ったちゃんについては
「相変わらずだった…」の一言。
疲れているようだったので、深くは聞けませんでした。

あまり具体的な困ったちゃん報告にならないでごめんなさい。


スレ143