女に慣れていない男

88 名前:NPCさん[sage] 投稿日:2007/11/06(火) 17:54:14 ID:???
「女に慣れてない男」で思い出した、10年以上前の話。
最初に、困ったちゃんとしては小物だと断っておく。

人見知りの激しい友人J(♀)がTRPGを始めたばかりの頃、
珍しく自分からコンベに行きたいと言い出したので
地元のコンベにでかけた。
すると偶然なんだが、Jも知ってる顔見知りのFが
GMで参加してたんで、二人してFの卓を選んだ。
FがTRPGをするのは知ってたが、TRPGとは別のところで知り合ったんで
Fと卓を囲むのはその日が初めてだった。

Fが選んだシステムは、Jが遊んだことのないものだったんで
FがJをすぐ横に座らせたのも、特別不自然だとは思わなかった。
でもJがキャラを作ってると、Fがキャラシーを見ながら言った。
「Jさんは女の子だから、女の子のキャラを作ってくださいよ」

実はJは、見た目小柄で華奢なんだが、顔も性格もかなり男っぽくて、
TRPGに限らずゲームではいつも男キャラばかりやってる。
で、その場はFが妥協して、Jは男キャラをやることになった。

(続く)

89 名前:NPCさん[sage] 投稿日:2007/11/06(火) 17:54:55 ID:???
>>88続き

シナリオは現代日本、怪奇現象の原因を探るというもの。
シナリオが進行するうちに、どうやらNPCの女の子が関わっていそうと
分かってきたので、そのNPCと知り合いと言う設定だったJのキャラが
NPC家に潜入することに。
J「じゃ、彼女の部屋に入ります」
F「ちょっと待ってください、男は普通、女の子の部屋に平然と入ったりしません。これだから女性の演じる男性キャラは」
それでも、NPCの部屋に入らないと話が進まないので、Jは入ることにした。すると
F「彼女の部屋に入ると、六畳間を埋め尽くすようにぬいぐるみが置かれています」
口には出さなかったが、想像して正直、すげー引いた。
(後でJから聞いたが、「普通の女の子の部屋がどんなものか、全く想像できなかったから
 普通に入ろうとしたけど、ぬいぐるみだらけと聞いてうわっと声を上げたくなった」そうだ)

結局シナリオは、ぬいぐるみの一体がボスで、それを退治して終了。
Jの感想は、Fのマスタリングには全く不満なかったのだが、
終始「女であること」を押し付けられるのが嫌だったそうだ。

ちなみにFはピザ男で当時大学生、ゲームのせいかどうかは知らないが、確か大学7年生だったと記憶している。



スレ143